30年間慣れ親しんだ元号「平成」っていいね

生活

皇太子さまが即位される2019年5月1日から新たな元号になりますね。新しい元号は4月1日に発表される予定となっていますが、元号が替わるってことはとても大変なことなんです。

昭和天皇が崩御されたとき、私は学生でしたが不謹慎にも友人と徹夜麻雀(テツマン)してたんです。テレビのテロップに速報が流れたときはビックリしましたね。当時の小渕官房長官が「新しい元号は『平成』であります」と発表したことは今でも鮮明に覚えています。

最初は「何この元号? 昭和の方が良かったのに…」って思ったんですが、次第に慣れてきて、いつの間にか「平成っていいね」って感じでしたね。

「平成31年」の未使用硬貨も記念品として造幣局からセット販売されていますが、いよいよ平成も終わりを告げようとしています。

今回は、30年間にわたって慣れ親しみ、皇位継承に伴って新しい元号に改められる「平成」についてです。

スポンサーリンク

日本国民に愛されている元号

普段から文章を書くときや会話の中で、西暦を使っている人は別として、「平成」という元号(年号ともいいます。意味は同じ)を用いている人が大半を占めるのではないでしょうか。

昭和51年に内閣府が行なった世論調査でも、「あなたは、ふだん手紙を書いたり、人と話をしたりするとき、主に昭和とか大正という年号を使っていますか、それとも西暦を使っていますか?」という問いに対して、主に元号を使っていると答えた人が87.5%となっています。

  • 主に元号:87.5%
  • 主に西暦:2.9%
  • 年号と西暦が半々:7.9%
  • その他:2.5%

出典:内閣府ホームページ(元号に関する世論調査

スポンサーリンク

「平成」から新元号へ変更するもの

こうした元号「平成」ですが、私たちの日常生活のさまざまなところで使われていますよね。例えば、手帳やカレンダー、硬貨や紙幣、新聞の日付、運転免許証などの証明書、官公庁の各種書類などさまざまなところに「平成」の文字が利用されています。

これらを5月1日からは全て新しい元号に変更しなければならないんですから、関係する人たちのご苦労は想像ができますね。手帳やカレンダーは全て印刷のやり直しですし、役所の窓口に置いてある申請書類をはじめ、世の中のあらゆる書類が新元号に変更されるわけですから、その影響といったらとんでもない規模ですよ。

そんなこともあって、世間が混乱しないように新元号への変更準備期間として約1ヶ月を確保するために、新元号の発表が4月1日(予定)となっているんですね。

「平成」のままでも大丈夫なもの

元号が新しくなっても、そのまま「平成」で大丈夫なものもありますね。例えば、会社名に平成を使っているところや、商品名に平成を使っているものなどですね。

東京商工リサーチの調査によれば、2018年3月現在、社名に「平成」を使っているところは全国に1,270社。このうち、約半数の653社は平成元年から平成9年までの設立だそうですよ。すなわち、平成とともに誕生した会社ということですね。

ちなみに64年続いた「昭和」がつく会社は2,640社あるみたいですよ。新元号が発表されれば、また新しい会社がたくさん誕生しそうですね。

ところで、芸能人でいえばアイドルグループの『Hey! Say! JUMP』がすぐに思い浮かびます。正確には、「Hey! Say! Johnny’s Ultra Music Power」の略で、メンバー全員が平成生まれなので、平成の時代を高くジャンプしていくという意味があるんですね。

それから、本当かどうかわかりませんが、平成を未婚のまま終える昭和生まれの人を「平成ジャンプって呼ぶらしいですよ(笑)。

「平成」は2019年4月30日まで、ゴールデンウイークは10連休

平成」は2019年4月30日まで。30年間続いた平成の時代も終わりを告げ、2019年5月1日からは新元号となります。新元号は4月1日に公表される予定ですね。

また、皇太子さまが即位される2019年5月1日と、即位を公に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる2019年10月22日を今年に限って祝日とすることになっています。

これにより、2019年のゴールデンウィークは4月27日から5月6日までの10連休となります。祝日になることが決定した5月1日は連休の谷間であり、祝日に挟まれた平日は休日となる祝日法の規定により、4月30日と5月2日が「国民の休日」となります。

まとめ

平成の時代もあとわずかとなってきました。こうなるとなんだか寂しい気持ちになりますよね。つい最近、平成31年の幕が開けたばかりなのに今年ばかりは少々雰囲気が違うような気がします。

余談ですが、独立行政法人造幣局のオンラインショップで「平成31年」と刻まれた1円から500円までの未使用の硬貨セットを販売していますよ。

30年間慣れ親しんだ「平成」は、”内外、天地とも平和が達成される”という意味でしたが、新しい元号はどんな言葉で、どのような意味を持つのでしょう。4月1日が待ち遠しいですね。

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

生活
スポンサーリンク
ちびトラをフォローする
ゆらぎのリスクこんとろーる

コメント