あなたの周りの地名でわかる災害が起きやすい場所

リスク管理

地図を見ると、「池」とか「沼」などが付いた地名が全国各地に点在しています。こうした場所の多くは、古くは池であったり、沼であったところです。つまり、水が集まりやすく、大雨が降ると洪水や浸水などの被害が起きやすい場所であると言えます。
では、災害に関連しそうな地名にはどのようなものがあるのでしょうか?  そして、先人が地名に残したメッセージを私たちはどう活用すればよいのでしょうか?
今回は、地名と災害の関係について考えてみます。

スポンサーリンク

災害と地形には密接な関係がある

日本は災害王国です。
地震、津波、洪水、高潮、土砂災害など、毎年のように全国あちこちで災害が発生しています。そのような災害が発生した場所をよく見ると、あることに気づきます。それは、災害と地形の関係です。

昭和22年9月のカスリーン台風では、関東地方を中心に死者1,100名、家屋浸水約30万戸におよぶ甚大な被害が発生しました。この時、堤防の決壊によって氾濫した洪水は、旧河道(昔は河川であったところ)に沿って流れ下り、旧河道や後背湿地(沖積平野にある低平・湿潤な地形のところ)で浸水被害が多数発生するなど、地形と水害には密接な関係があることがわかりました。

 

カスリーン台風で大きな被害を受けた利根川も、かつては東京湾に流れ込んでいましたが、江戸時代に行われた河川改修工事により、現在では千葉県の銚子に流れ下っています。こうして河川の流路が大きく変わったために、もともと河川であったところが現在では宅地になったり、工場が立地したりしているんです。こうしたところで被害が大きかったということです。

 

出典:国土地理院ホームページ(水害と地形

 

つまり、災害が起きやすい場所というのは、地形によることが大きな原因の一つでもあるわけです。上の利根川の例のように、"今は宅地だけど、昔はそこに川が流れていた"、なんてこともあるんですね。そういった場所の多くは、もともとは川が蛇行していた場所で、水害が頻繁に発生していたために、人工的に川の流れを直線に変えて、洪水が流れやすいようにした場所なんです。川が右や左に蛇行するような場所ではどうしても洪水が流れにくくなって、場合によっては堤防を乗り越えるような事態にもなります。

今では宅地になっているものの、もともと川が流れていた場所の多くは、本川が流れていただけでなく、左右から小さな支川が流れ込んでいたり、あるいは畑や田んぼの水も低い方向へ流れますから、今でも周囲の水はそこへ向かって流れていると思われます。そういう場所では、地盤が軟弱であるため、家を建てる際にも基礎構造をしっかりしないと後で地盤沈下で家が傾いたなんてことにもなりかねません。

スポンサーリンク

過去の地形は、災害リスクを知るための重要なヒント

つまり、過去の地形を知ることで、水害の発生しやすい場所を知ることができるということです。これは水害に限らず、土砂災害や地震による液状化などにも有用な情報となります。

広島県で2014年、2018年と相次いで発生した土砂災害を見ても、被害を受けた地域は、広島市の北部に位置し、急斜面を切り開いて山麓部まで宅地開発が急速に進んでいる地域なんです。かつては、山の斜面あるいは田畑であった地域なんですね。こういう場所では昔から土石流による土砂災害が頻繁に発生していたと言わざるをえません。

出典:国土地理院ホームページ(平成26年8月豪雨による広島市における土砂災害に関する情報

 

地震による液状化の被害なども、臨海部の埋め立て地や沿岸部、河川の河口に広がる扇状地などでは一目瞭然です。こうした場所では地盤の多くが砂で構成されているために地震が起きると液状化現象が発生しやすいんですね。この液状化によって建物が傾いたり、マンホールが浮き上がったりするんです。しかし、液状化を防ぐためには地盤を改良しなくてはいけません。地盤改良工事を例えば市全域に及ぶような広範囲にわたって実施することは予算的にも難しいと思います。できることは、そこに住む人たちが自分のいる場所は液状化現象が起きやすい場所であることをまずは認識し、各戸ごとに建物の基礎をしっかりしたものにするなどの対策をするしか手立てがありません。

出典:四国地方整備局ホームページ(液状化とはなに?

地形と地名で危険な場所を知る

過去の地形を如実に示すものに「地名」があります。こうした地名を知るだけでも過去の地形や災害の危険度を知る手がかりとなります。政府広報によれば次にように整理されています。

水に関係する文字「川」「池」「浜」「津」「洲」「浦」「沢」「湧」などはもちろん、「浅」「深」「崎」「戸」「門」「田」「谷」なども海岸線や川の近く、低地、湿地帯などをあらわしていて、過去の津波到来や台風、豪雨などの増水時には大きな被害があったと考えられます。また「蛇」「竜」「龍」などが使われている地名には過去に大規模な土砂災害が発生しているケースが多く「蛇抜」「蛇崩」などの地名は土砂が流れていく様をあらわしているとされています。また増水時に川が蛇行して荒れていく様を、空想上の「龍」に見立てて地名としている場所は全国に見られます。

「牛」の読みの「ウシ」は「憂し」という古代語の意味を持ち、不安定な土地をあらわすもので、過去の地すべり崩壊地や洪水の氾濫地、津波の常襲地域に名づけられている場合があります。「猿」の読みの「サル」は「ズレル」の意味を持ち、崖状の地すべり地、滑った土地の溜まり場の意味を持っています。「鷹」は「滝」の意味を持ち、急傾斜地・崩壊危険区域を示します。また「梅」の読みの「ウメ」は「埋める」の意味を持っていて、埋立地であったこと、土砂崩れの土で埋まったところを示しています。「栗」の「クリ」は刳る(えぐる、穴を開ける)の意味を持ち、同様に「クル」「クレ」「クロ」の読みを持つ「久留」「来」「呉」「暮」「黒」などの地名は土地の浸食や崩壊地を示していて、「柿」の読みの「カキ」は「欠ける」という意味で崩壊地や崖の意味を持っています。また「カミ」「カメ」「カマ」「カモ」などの読みを持つ「上」「紙」「神」「亀」「釜」「鎌」「鴨」「加茂」などは古語の「噛む」「削れて土地がなくなる」の意味を持ち、浸食・崩壊地域、洪水や津波などの自然災害が起きた場所を示している場合があります。

出典:政府広報ホームページ(みんなの力を、防災の力に。-地名があらわす災害の歴史

 

出典:国土地理院ホームページ(デジタル標高地形図)を加工

国土地理院のデジタル地形図を見ても、明らかに東京湾に埋め立てた土地や、海抜ゼロメートル地帯、崖の下に位置する場所や谷地形になっている場所など、その土地の特徴が分かります。

まとめ

私たちが住んでいる地域の地形や地名を知ることが、過去の災害史をひもとき、災害への備えをするために非常に有用な情報となります。
これからマイホームを構える方は、購入予定地の過去の地形や地名にも着目していただき、災害のリスクを踏まえた検討をしていただくと良いと思います。
先祖を祭る神社や仏閣が、水害を受けにくい場所に建てられていることが多いことも、先人たちの知恵によるものでしょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村

コメント