メンタル

メンタル

『老爆・シルバーモンスター』はもう少し冷静になってもらえませんか

キレやすい老人『老爆・シルバーモンスター』が暴走しています。私の会社にもクレーマーから電話がかかってくるんですが、大半は高齢者です。なぜ年齢がわかるかと言うと「電話で言ってダメなら直接文句を言いに行ってやる!」ってことで、会社に来る人がいる...
メンタル

緊張やあがり症の改善には、バナナでセロトニンを増やすのが効果的

「緊張」や「あがり症」の原因として、脳内物質のノルアドレナリンとセロトニンの2つが大きく関わっています。 「緊張」のメカニズムは、不安や恐怖を感じたときに、ノルアドレナリンが分泌されて、それが交感神経を刺激し、心拍数や血圧を急激に上昇...
メンタル

緊張やあがり症で苦しんでいるなら、心療内科の受診をおススメします

あがり症で悩んでいる人にとって、人前で話をしなければならないのは苦痛でしかありません。 過去に人前で赤面したり、緊張して手が震えたりした経験がある人は、それがトラウマとなって「再び同じ失敗をしたらどうしよう」「もうあんな失敗はしたくな...
メンタル

緊張してきたときに副交感神経を高めて自律神経を良好にする方法

スポーツの世界で、日の丸を背負って戦うようなアスリートの皆さんは、目標とする大会に向けてトレーニングや体調管理を徹底して行い、多くの素晴らしい結果を出していますよね。このように大会本番で最高のパフォーマンスを発揮できる裏側には、自律神経が大...
メンタル

極限の集中状態『ゾーン』に入るためには緊張とリラックスが必要

「緊張していつもの半分しか実力を発揮できなかった」「緊張して頭の中が真っ白になった」こういう経験ありませんか? 緊張って、スポーツでも仕事でも、全てにおいてマイナスのイメージしかないんですよね。 ところが、この緊張が「試合中のパフォー...
メンタル

「緊張して人前で話せない」これはお笑い芸人にも普通にあること

人前に出ると緊張してしまう"あがり症"の人は、日本全体で300万人以上といわれています。世の中、緊張する人がたくさんいるんですね。そういう私も"あがり症"で困っているんですけど…。 そんな中、先日テレビで放送された『今だから話します~...
メンタル

人前で緊張する「あがり症」の克服は、場数を踏んで経験を積むこと

大勢の人の前でスピーチしたり文字を書いたときに、心臓がドキドキしてマイクやペンを持つ手が震えたり、足がガクガク震えたような経験はありませんか? こうした症状を「あがり症」といいます。 たいていの人は、同じような場面を何度か経験す...
メンタル

目標を達成するために、大谷選手も作った「マンダラチャート」を作ってみませんか?

米大リーグ・エンゼルスで大活躍する大谷翔平選手。じつは高校時代に作った「マンダラチャート」の効果で、いまの活躍があると言っても過言ではないんです。 マンダラチャートというのは、"将来の目標を実現するためには何をすればよいのか"を3×3...
メンタル

「本番に弱い人」を本番に強くする簡単な方法

辛くて苦しい練習をずっと重ねてきて、いよいよ本番。ところが、練習では出来ていたのに本番になった途端にミスを連発なんてことありませんか? フィギュアスケートや体操競技など、プロの世界でもよくある話ですよね。とくに一発勝負の競技ではありがちな話...
メンタル

一体なぜ?キレる老人「老爆」が多い2つの理由

日本は超高齢社会に突入していますが、65歳以上の高齢者による犯罪が増えるなど、キレやすい老人「老爆(ろうばく)」が増えています。そこで、アンガーコントロールによる怒りを静める方法などについてまとめました。
スポンサーリンク