冬の雪道、事前の準備とスタックからの脱出方法

リスク管理

冬、車を運転していて一番困るのが積雪ではないでしょうか。

雪道を走る場合、"スタッドレスタイヤ(+4輪駆動)"であればほぼ大丈夫かと思いますが、"ノーマルタイヤのみ"ではハンドル操作もままなりませんし、上り坂で停止した瞬間にスリップして動けなくなる可能性が大きいですよね。

私も雪国で生活したことがありますが、車がスタックすると焦ります。そんなことで、今回は、雪道走行の事前準備とスタックしたときの脱出方法をご紹介します。

スポンサーリンク

雪道走行の基本装備

まず、雪道を走るための基本装備です。積雪が多い地域に住んでいる、あるいは雪道を走行しなければならないといったケースでは、事前のタイヤ準備が必要になります。

雪がよく降ったり、路面が凍結するような寒い地域にお住まいであれば、スタッドレスタイヤが便利ですね。一方、暖かい地域であればノーマルタイヤのままにしておいて、万一のときだけタイヤチェーンを装着すればよいと思います。

 

【タイヤチェーン】
車にタイヤチェーンを積んでおいて、雪道になったらチェーン着脱場など安全な場所でタイヤチェーンを装着します。

タイヤチェーンは駆動輪に装着するのが基本なので、前輪駆動車(FF)は前輪に、後輪駆動車(FR)は後輪に装着します。ちなみに4輪駆動車(4WD)の場合は車種によって異なりますので、取扱説明書を確認してください。

タイヤチェーンは、カー用品店で販売していますので必要な方は早めに購入されると良いですよ。また、初めての方は一度練習しておくと安心です。ぶっつけ本番ですと意外と焦ってしまい、装着に手間取ることがありますから…。

チェーンの着け方が分からない方は、国土交通省ホームページ(タイヤチェーンの種類・付け方)を参考にしてください。

 

【スタッドレスタイヤ】

スタッドレスタイヤは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということです。

昔は、野球のスパイクのような鋲がついたスパイクタイヤが主流でしたが、道路面を削ったり粉塵を撒き散らすことなどから、現在は使われていないんです。

スタッドレスタイヤの特徴は、タイヤの表面に細かい溝が沢山あって、そこに路面上の水分が入り込むことで、雪道でも止まることが出来ることです。ですから、タイヤのゴムも低温域でしなやかさを保つように作られているんですね。

雪道でなくても、寒い地域では路面が凍結することがあります。そんなときにもスタッドレスタイヤであれば効果を発揮しますよ。一度着けてしまえば冬季はそのままでOKです。チェーンのように毎回装着しなくてもよいのも魅力ですね。

スポンサーリンク

規制区間では、スタッドレスタイヤであってもタイヤチェーンが必要

一方、国土交通省は2018年12月に大雪時のチェーン規制を改正しました。

その内容は、急な上り下りがある峠や、過去に雪による立ち往生や通行止めが発生した場所では、チェーン規制中においては、タッドレスタイヤを着けていても、タイヤチェーン未装着の自動車はその区間を通ることはできないというものです。これは4輪駆動車についても同様です。すなわち、スタッドレスタイヤ+タイヤチェーン"が必要ということですね。

大雪のときにチェーン未装着の車両が原因となって、大規模な車両滞留がたびたび発生したことを踏まえての措置ですね。こればっかりは仕方がありません。
具体的なチェーン規制の実施区間について、国土交通省によれば、平成30年度は次の箇所を予定しているみたいです。

私も、冬季はスタッドレスタイヤなんですが、今後はチェーン規制区間に遭遇した場合にはチェーンが必要になります。そんなときは、安い価格でそこそこ使えるチェーンを車に積んでおくと便利ですね。

スタックしたときの対処

さて、雪道でスタックしてしまったときの対処方法です。

タイヤがスリップして動けなくなってしまった場合には、次のことを試してみて下さい。

  1. 同乗者や通りがかかったドライバーに車を押してもらう。
  2. ゆっくりと振り子のように小刻みに前進・後退を繰り返し、雪を踏み固めながら発進する。
  3. 空転しているタイヤの下に板や布(バスタオル、運転席のフロアマットなど)、タイヤチェーンを敷いて発進する。
  4. タイヤの空気を抜き、空気圧を下げて、雪面への接地面積を増やしてゆっくり発進する。
  5. チェーンを巻く。

どうしても脱出できない場合は、JAFロードサービスへ救援を求めるのがベストです。JAFロードサービスの連絡先(全国共通・年中無休・24時間)は次のとおりです。雪道のスタック以外の故障や事故のときも同じ番号でOKです。

  • ナビダイヤル: 0570-00-8139
  • 短縮ダイヤル: #8139

上記のいずれも繋がらないときは、以下の番号に電話してみて下さい。JAFの地区別番号です。

  • 北海道 011-857-8139
  • 東北 022-237-0110
  • 関東 03-5730-0111
  • 中部 052-889-5300
  • 関西 06-6455-0123
  • 中国 082-272-4949
  • 四国 087-868-0111
  • 九州 092-841-5000

まとめ

私も、雪道の急な下り坂でブレーキを踏んだ瞬間に車が180度回転して停止したことがあります。あのときは、前輪駆動車に乗っていてチェーンもつけていたんですが、あっという間の出来事でしたね。ちょうど他に車がいなかったので事故にはなりませんでしたが、危機一髪でしたよ。

雪道を走行するときは、スピードはゆっくりと、いつもより車間距離を大きくとって、カーブの手前で十分減速がポイントです。曲がりながらブレーキを踏むと車がコントロールできない状況に陥ることもありますから注意してください。



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント