「左回りの法則」安心感があって動きやすい"左回り"のメリット

行動心理

左回りの法則』ってご存知ですか? 私たちは、知らず知らずのうちに「左回り」を選択しているらしいんです。

身近なところですと、運動会のグラウンドや野球のダイヤモンドなど、いずれも左回りになっていますよね。スピードスケートや競輪などもそうです。

これは、人は左回り(反時計回り)の方が安心感があって動きやすいということに起因しているみたいですね。

今回は、安心感があって動きやすい"左周り"について考えます。

スポンサーリンク

身近にある左回り

私たちの周りには「左回り」に関係するものがたくさんあります。

  • 運動会のグラウンド
  • 野球のダイヤモンド
  • スピードスケート
  • 陸上競技
  • 競輪
  • 競艇

これらは全て左回りで走ったり滑ったりしますよね。このように周回を伴う多くのスポーツでは左回りが用いられているんです。

これは、人の心臓が左側にあるために、左回りで走る方が安心感があって動きやすいということなどが理由らしいですよ。

たしかに、右回りで思いっきり走るっていう経験はあまり無いような気がしますし、自転車に乗っていても右回りより左回りの方が回りやすい感じがしますね。

スポンサーリンク

「左回りの法則」とは

このように左回りの方が安心できるとか動きやすいことを心理学では、「左回りの法則」と呼んでいるそうです。ちなみに左回りっていうのは半時計周りですよ。

「左回りの法則」の根拠は、"心臓が真ん中よりもちょっと左側にあるから安心できる"とか"右側には重い肝臓があるので重心を左に傾けてバランスをとる"など、いろいろな理由があるみたいですね。

これは、単純に右か左を選ぶときにも当てはまるみたいですね。例えば、「道路を走っていて正面が行き止まりになってしまったときに、あなたは右か左のどちらに進みますか?」ってことなんですけど、多くの人は左へ曲がるみたいなんです。

「逃走中」っていうテレビ番組ありますよね。限られたエリアの中で、ハンターから逃げた時間に応じて賞金を獲得できるゲームです。こういう逃走するようなときにも、道路が行き当たりになると「左回りの法則」が当てはまるらしいですよ。

コンビニの左回りレイアウト

これを応用しているのがコンビニです。実際にコンビニへお弁当を買いに行ったことをイメージしてください。

 

まず入口を入ると、たいてい左奥にレジカウンターがあります。お客さんは「レジは最後にお金を支払うところ」と考えますから、たいていの人は右手に進みます。この段階ですでに左回りにさせられていますね…。

すると右手に雑誌が並べられていますが、それよりも左側の化粧品や日用品の方が気になります、…が、ここはスルーして第1コーナーを左へ。

そこで、お弁当に合いそうなお茶またはアイスコーヒーあたりを1本カゴに入れて、第2コーナーを左へ。

いよいよ弁当コーナーまで来ました。のり弁、カレー、かつ丼、うどん、そば、寿司、いろいろありますね。ちょっと迷いつつお気に入りの弁当をカゴに投入です。

さあ、お弁当もゲットしたので、最後にレジでお会計してミッション完了です。

とまあ、こんな感じでコンビニで買い物されると思うんですが、じつはコンビニの商品配置はパターン化されています。たいていどこのコンビニでも同じ配置ですね。お弁当やお惣菜をいちばん奥に配置して、そこにたどり着くまでに他の商品を見せて購買意欲を誘う作戦です。

しかも、ここでの進行方向が「左回り」なんですね。安心感があって動きやすい左回りの導線とし、お客さんが左手にカゴを持って、右手で商品を取るというところまで先読みしたレイアウトです。

左回りではないもの

一方、世の中にはこれに当てはまらないものもあります。

富士山の山頂に登ったことがある人ならわかると思いますが、富士山山頂のお鉢巡りは、時計回りに1周するのが基本とされています。これは古くから富士山と仏教の関りが深くて、仏教では聖地を右回りするのが慣わしってことのようですね。

仏教といえば、四国八十八箇所を巡拝するお遍路さんも1番札所から右回りに進む順打ちが基本ですよね。徳島、高知、愛媛、香川と順に進んで行きます。

また、右回りの「なんとなく気持ち悪い」「いつもと違う違和感がある」みたいな性質をつかっているのがお化け屋敷です。わざと右回りにしてお客さんを怖がらしているんですね。

 

まとめ

「左回りの法則」はいろいろな場所に応用されています。スーパーやホームセンターなどもそうですね。まさに私たちの消費者心理を巧妙に読み取った見事な作戦です。

余談ですが、コンビニのレジカウンターの前あたりに足跡マークを見たことありませんか? あれもコンビニの心理的な誘導ですよ。ナッジっていうんです。

今度、コンビニやスーパーに行ったら試しに右回りで回ってみてください。いつもとは違う新しい発見があるかも知れませんよ。

 

 

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント