インフルエンザも災害対応、感染したらただちに静養することが大切

キャリア

インフルエンザが大流行しています。

一説によると、今年の冬は雨が少ないために空気が乾燥し、インフルエンザウイルスの活動が活発になっているとか…。

子どもだったら学級閉鎖は嬉しいことかもしれませんが、サラリーマンにとっては作業効率の大幅ダウンです。どこか一つの部署で学級閉鎖状態にでもなったら、その間は仕事にならないかもしれませよね。

今回は、サラリーマンがインフルエンザに感染したときについて考えます。

スポンサーリンク

会社で一人感染すれば、すでに被害は拡大している

会社の誰かがインフルエンザに感染したって聞いたときに、「うわっ、昨日同じに会議に参加してたよ。」とか「昨夜一緒に飲みに行ってたよ。」なんてことありませんか?

本人にとっては甚だ気の毒とは思いますが、周りの人からみれば迷惑な話ですよね。本人がインフルエンザに感染していることを知らなかったのなら許せますが、すでに症状も出ていて「もしかしたらインフルエンザかもしれない。」なんて状況でふつうに出社されたらたまりません。

中には、子どもが受験生とか、奥さんが妊娠中なんて理由から「今年は絶対にインフルエンザに感染するわけにはいかない。」って人もいますよね。

そういうことを考えたら、インフルエンザに感染した人に対しては、「仕事は心配せずにゆっくり家で休んでください。」ってセリフが王道ですね。へたに出社されて周りの人たちにうつされても迷惑ですから…。

ですが、そのときにはもう手遅れかもしれません。その人の周りにはすでに感染している人がいる可能性が高いですよ。

私の会社でも今年に入ってインフルエンザが大流行していますが、一つの部署で感染者が出ると、周りの人も感染しているケースが多いですね。

スポンサーリンク

感染拡大の原因は休まない上司?

こうした職場内での感染ですが、ありがちなパターンが"感染した上司が休まずに出社して、ウイルスをまき散らす"ことです。

普段から「私はインフルエンザなんかには感染しませんよ。」みたいなことを豪語したがために、
いざ感染してもなかなか休めないという負のスパイラルに陥った上司、あるいは少しくらいの体調不良でも無理して出社してしまうような上司ですね。

こういう上司が一人でもいると、その会社はインフルエンザウイルスの吹きだまりです。間違いなく次から次へと感染者は増大し、いずれは学級閉鎖みたいな状況になるかもしれません。

そういうことからも、個人だけでなく会社も含めて、インフルエンザに関するきちんとした知識をもって、しっかりと予防することや万一感染した場合には会社には来ずに家で静養することが重要です。

上司がパワハラだと休みにくい

ただし、上司がパワハラ系で部下がインフルエンザに感染した場合はやっかいです。本来であればインフルエンザに感染した段階でただちに休むところを、パワハラ上司はそうしたことにまるで気づかずに、「あの書類はできたのか?」などといつもと同じように間髪入れずに圧力をかけてきます。

一瞬でもタイミングを逃せば、インフルエンザどころではありません。いつものペースでやられてしまいます。

人にもよりけりですが、そういうときは本人にとっては緊急事態ですし、無理して出社すれば周りの人たちにも迷惑をかけてしまいます。躊躇すること無く、淡々と「インフルエンザに感染したので休みます。」と伝えましょう。

もし、直接伝えることができなければ、同僚から間接的に連絡してもらうのも有効だと思いますよ。

休暇期間はしっかり休む

インフルエンザの場合、6日前後は安静にしていなければなりません。その間、会社を休むことになりますが、「熱が下がったからもう会社へ行こう。」などとは間違っても思わないことです。

ウイルス感染のおそれがなくなるまでは、他人と接触しないようにしなければなりません。せっかくの良い機会と思って、十分な静養をとることがいいですよ。こういうときでないとなかなか休めない人もいますよね。

その代わり、会社に復帰するときはキチンと上司に「ご迷惑をおかけしました。」とひとこと報告することが大切です。パワハラ上司もあなたが1週間休んでいる間に「○○君がいないと仕事が回らないな。」とか「あいつがいないと職場が寂しい気がする。」なんて風に見直しているかもしれませんしね。

まとめ

もしもインフルエンザに感染してしまったときには、仕事のことはいったん忘れてしっかりと静養することが大切です。中途半端に出社することで周りの人たちが感染することだけは避けたいですね。

上司がパワハラであってもこういう緊急事態であれば関係ありません。むしろ、インフルエンザになった可哀そうな部下に対して冷たい態度をとれば、そこでその上司はアウトです。

これは個人の問題ではありません。会社全体としてキチンとインフルエンザ対策をしなければいけませんね。まさにインフルエンザ対応は災害対応です。

 

 


生活・文化ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

【こどもバナナ青汁】

コメント