飲食店の不適切動画、犯人はただの自信が無い目立ちたがり屋かも

生活

飲食店アルバイト従業員による不適切動画の投稿が相次いでいますね。

何が楽しくてやっているのか理解できませんが、こういう人たちは目立ちたがり屋なんでしょうか。しかし、お店やお客さんに迷惑をかけているのは間違いありません。

回転寿司チェーン店「くら寿司」は不適切動画を投稿した従業員2人を解雇し、法的措置を取る準備に入ったと公表しています。

今回は、こういう悪質な行為をする若者の心理についてです。

スポンサーリンク

飲食店アルバイト従業員の不適切動画

くら寿司の不適切動画は、大阪府の某店舗で撮影され、従業員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、再びまな板に置く様子が映っていたものです。

こうした不適切動画は、くら寿司以外にも、牛丼チェーン「すき家」の店員がおたまを股間に当てる動画や、カラオケチェーン店「ビッグエコー」の店員が食材を床にこすりつける動画、コンビニ大手「セブンイレブン」の店員がおでんを口に入れて吐き出す動画など、飲食業界で相次いでいます。

くら寿司は、この従業員2人を退職処分とし、刑事・民事訴訟を起こす準備に入ったと公表しています。これを契機に、こうした悪質な行為にストップがかかればいいんですけどね。

スポンサーリンク

目立ちたがり屋の心理

こうした不適切動画を投稿する人って、目立ちたがり屋なんでしょうか。

目立ちたがり屋の人って、たいていどこにでも1人や2人はいますよね。とにかく目立つことで自分をアピールし、自己主張しようとするタイプです。

でも、ときどきいるんですよね。大したことも出来ないくせに、普通の人が恥ずかしくてやらないようなことをやって、目立とうとするだけの目立ちたがり屋が…。

こういう人は「注目されていないと不安になる」という精神状態とも言えます。ただし、目立つ方法については、プライドもクオリティも一切無い、まさに不適切動画のようなものです。

目立ちたがり屋には自信がない人が多い

目立ちたがり屋の特徴の1つとして、自分に自信が無いタイプが多いことです。

自分に自信があれば、いちいち自分を目立たせる必要もありません。仕事ができる人は、自信に満ちあふれていますよね。黙って仕事をキチンとやりますし、何を言わなくても周りから信頼され、認められています。

ところが目立ちたがり屋は、そういうことが無いために、自分で自分のことをアピールしているわけです。つまり、自分に自信が無いということですね。

目立ちたがり屋も使い方では役に立つ

仕事ができる人はさておき、ただ単に目立ちたいだけの人も、良い風に考えれば"場を盛り上げることに長けている"と言えます。とくに宴会などでは使えますね。シーンとした暗い雰囲気も、目立ちたがり屋が一発芸でもやればグッと盛り上がります。

人前で恥ずかしげもなく笑いを取れるってことは、なかなか出来ませんから、そういう点では恵まれています。つまり、目立ちたがり屋の性格をもっと仕事などで有効に使えばいいんです。

飲食店のアルバイト従業員も目立ちたがり屋?

不適切動画を投稿した従業員も"寂しい目立ちたがり屋"だったのかもしれませんね。あのような動画を投稿することで自分の存在を主張し、居場所を探していたのでしょうか。

しかし、どう考えてもあの行為はダメですよ。一般常識があればあのような行為はできないはずなんですが、なぜ一線を越えてしまったのでしょうか。

いずれにしても可哀想な人ですよ。もっと世の中の役に立つことで目立てば良かったのに残念です。

まとめ

私は、「くら寿司」には行ったことがないのでよく分かりませんが、おそらく小さなお子さんを連れた家族連れもたくさん訪れているんでしょうね。

小さな子供たちが「くら寿司でお寿司を食べたい!」って楽しみにお店に来ているのに、よくもあのような行為ができたものです。人格を疑いますし、親も恥ずかしいでしょうね。

こういう人間はキチンと罰せられないとまた繰り返します。しっかりとお灸をすえてほしいですね。

 


生活・文化ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

生活
スポンサーリンク
ちびトラをフォローする
ゆらぎのリスクこんとろーる

コメント