自転車に乗っていて、むやみに歩行者にベルを鳴らすと2万円以下の罰金かも

ロードバイク

先日、狭い歩道を歩いていたときのこと。後ろから来た自転車にベルを鳴らされ、横に避けたんですが抜かれざまにボソッと文句まで言われる始末。こういうマナーの悪い自転車は不愉快ですね。そもそも、その歩道は歩行者専用道路で、自転車は車道を左側通行すべき場所なんです。

そのマナーの悪い自転車とはそれ以来遭遇していませんが、中高年のママチャリにこうしたマナー違反が多いような気がします。すぐにチャリチャリ鳴らすオバサンとかいますよね。今回は、道路交通法54条(警音器の使用等)について考えます。

スポンサーリンク

歩行者にむやみにベルを鳴らすと警音器使用制限違反

私も週末にはロードバイクであちこち走っていますが、場所によっては歩道を走る(走らざるを得ない)ケースもあります。そうしたときに、2、3人の歩行者が横になって歩道を塞いでいる場合があるんですが、こういうときは困りますよね。

基本的には歩行者優先ですし、かといってベルを鳴らすこともできません。そうなんです、自転車に乗っていて前方の歩行者に道を譲らせるためにベルを鳴らすと、道路交通法54条(警音器の使用等)に違反するんです。

ですから、私の場合は歩行者に「すみませ~ん」と声をかけて横を通り抜けるか、若しくは、しばらく歩行者の後ろを徐行して、歩行者がこっちに気づいて避けてくれるのを待ったりしていますね。

道路交通法(警音器の使用等)

第54条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

 

つまり、見とおしのきかない交差点や道路の曲がり角などでは、自転車も警音器(ベル)を鳴らす義務があるんですが、一方で、それら以外の場所ではやむを得ない場合を除いて警音器を鳴らしてはいけないです。

スポンサーリンク

警音器使用制限違反は2万円以下の罰金又は科料

このように、本来、警音器(ベル)を鳴らしてはいけない状況で、歩行者などにベルを鳴らして道を譲らせる行為(警音器使用制限違反)をすると、反則金3,000円(刑事罰の場合、2万円以下の罰金又は科料)となります。

よくママチャリのオバサンとかに歩道でチャリチャリ鳴らされるんですが、それらも全て警音器使用制限違反ですね。

通常の場合、それほどの問題にはならないんですが、例えば、"自転車のベルにビックリしてお年寄りが転倒しケガを負った"というようなことになれば大変です。歩行者が邪魔だと言わんばかりにベルを鳴らした自転車は、立派な犯罪者になってしまう可能性もあります。ですから、むやみにベルを鳴らすのは止めた方がいいですよ。

ロードバイクにベルは必要か?

そこで疑問になるのが"ロードバイクにベルを付ける必要があるのか"ということです。私もいろいろなローディを見ていますが、ベルを装着しているロードバイクは少ないように思います。

でも、道路交通法54条では、自転車も含めて「見とおしのきかない交差点や見とおしのきかない道路の曲がり角などでは警音器を鳴らさなければならない」としているので、ロードバイクにもベルを装着する必要があるみたいですね。

車のクラクションと違って、自転車のベルごときでは、山道のカーブで思いっきり鳴らしても所詮「チャリチャリ」っていうレベルなので、54条1項の自転車への適用には少々疑問を感じますが仕方ないですね。とりあえず、小型・軽量のベルを付けておきましょう。

まとめ

歩道を歩いているとき、道を譲れと言わんばかりに自転車にベルを鳴らされたら、その自転車は警音器使用制限違反で2万円以下の罰金又は科料です。かと言って、警察官が監視しているわけでもないので取り締まりは難しいでしょうね。しかし、よほど悪質であれば、自転車と運転者の特徴を警察署に通報するのも一つの方法だと思います。

自転車事故が相次いで発生していることなどもあって、自転車のルールも厳しくなっていますが、こうした最低限のルールを守らない自転車が多いのは問題ですね。

 


ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント