自転車のペダルをビンディングに交換して良かったこと

ロードバイク

ロードバイクに乗っていると、いろいろカスタマイズしたくなりますよね。私も、購入して3か月くらいはデフォルトの状態で乗っていましたが、周りのローディと比較して、「ちょっと違うなー。」と最初に思ったのがペダルです。

いつもジョギング用のシューズでペダルを漕いでいたのですが、皆さん信号で停車するたびにカチャカチャ音を立ててシューズを脱着してるんですよ。そこで調べてみると「ビンディングペダル」だったんです。

私も、上り坂で立ち漕ぎする時にしばしばペダルを踏み外したり、長距離になってくると妙に脚が疲れるなどありまして、まずは、ビンディングペダルの導入を検討することにしました。

今回は、私が健康管理のために乗っているロードバイクについて、ビンディングペダルのメリットと交換して良かった点をご紹介します。

スポンサーリンク

ビンディングペダルってどういうの?

ビンディングペダル、すなわちシューズとペダルを金具で固定するタイプのペダルです。スキーやスノボもビンディングを採用していますが、自転車の場合はビンディングペダルを採用することで効率的なペダリング効果を期待するものですね。ロードバイクでは主流となっています。

しかし、ビンディングペダルに交換すると、その瞬間から自転車の活用方法も大きく変わります。フラットペダルであればスニーカーや革靴でも漕げるので、ちょっとした街乗りや通勤にも使いやすいのですが、ビンディングペダルの場合は専用シューズの靴底に専用のクリートをはめることになるので、街乗りや通勤というよりはレース仕様といった感じです。

ペダルと足がくっついた状態ですので、ヘタをすると立ちゴケということも考えられます。また、靴底にクリートがはめてあるので、自転車を降りて歩くときにペンギン歩きのようになる場合もあります。最終的には、自転車をどう使うかということになりますが、誰しも一度はビンディングペダルに憧れますよね。とくにロードバイクに乗る人は・・。

スポンサーリンク

SPDとSPD-SL、どっちを選ぶか

さて、どんなビンディングペダルがあるのか調べたところ、とても多くの種類があることに驚きましたが、基本的な構造のところで「SPD」と「SPD-SL」の2タイプがありました。

SPDペダルは、もともとマウンテンバイク向けに開発されたペダルで、自転車を降りて歩くことも考慮しているため、小型のクリートが採用されています。シューズの外観もほぼスニーカーみたいで、靴底にクリートが埋め込まれているタイプです。クリートが出っ張らず歩きやすいため、街乗りにも向いていますよ。初心者向けビンディングペダルって感じですね。

一方、SPD-SLペダルは、ツール・ド・フランスなどレースのために作られたペダルです。人力最速のロードバイクをさらにパワーアップさせるための最強ツールと言えます。ペダルを踏み込む力をダイレクトに自転車へ伝えるために、靴底のクリートもごついタイプとなっており、普通に歩くことは困難なものが多いですね。

これもクロスバイクからロードバイクへ買い替えるのと一緒で、SPDペダルから始めても、すぐにSPD-SLペダルに交換する人が多いみたいです。私もよく分からなかったので、ロードバイクを購入したショップの店員さんに聞いたんですが、「すぐにSPD-SLペダルが欲しくなりますよ。」と予想外の回答だったんです。やはり、究極のビンディングペダルはSPD-SLペダルなんですね。

そんなことで、私もかなり悩みましたが、どうせSPD-SLペダルが欲しくなるのであれば、最初からそれにしようと思い、SPD-SLペダルと専用シューズを購入することにしました。

ビンディングペダルのメーカーはどこがいい?

さて、次はどのメーカーのSPD-SLペダルにするかです。
シマノ、LOOK、TIMEなど多くのメーカーから販売されており、それぞれに長所・短所があります。そんな数ある中から私が選んだのが『SPEEDPLAY』です。

その理由は、

  • 他社製品とはまるで異なる独特なフォルム
  • シューズを左右に動かすときの遊び角度が大きく、膝にも優しい
  • キャッチ面が両面タイプなので脱着がスムーズ

の3点です。

一方、SPEEDPLAYを実際に使用して感じたデメリットは、

  • 平地で歩きにくい(ペンギン歩き)
  • 砂地で歩くとクリートに砂が入る(砂地は避けてます)
  • クリートの止めネジ調整、及びグリス注入などのメンテナンスが必要(最近は放置状態ですが案外大丈夫)

といったところです。

しかし、最初、クリートとペダルをはめる時は半端なく堅くて悪戦苦闘しました。ペダルを自転車につけた状態でサドルにまたがり、思いっきり踏み込んでハメるんですが、堅くて全然ハマりません。結局、私はショップに行ってハメるのを手伝ってもらい、やっとハマったくらいです。でも、1回ハマれば、それ以降はすぐにハマりますよ。脱着もスムーズです。
それから、信号停車などで繰り返し足を地面につくと、クリートが摩耗するので、クリートカバーは必需品です。SPEEDPLAYなら、クリートカバーをつけたままペダルに固定できるので便利です。

立ちゴケにはご用心

ビンディングペダルに交換して、なんといっても怖かったのは立ちゴケです。
両足がペダルに固定される違和感に慣れていないため、その恐怖感といったら半端ないですよ。私も、車が来ない裏道でペダルの脱着を何度も繰り返し練習しました。でもビンディングペダルに慣れた頃に油断しちゃうんですよね。ついつい、両足をペダルに固定していることをすっかり忘れてしまって立ちゴケです。

今、SPEEDPLAYを装着して3年ほどになりますが、立ちゴケは2回ですね。
1回目は友人と駐車場で待ち合わせた時に、会話に夢中になって油断した瞬間。2回目は街中を走っていて、狭い路地から子供が飛び出してきて避けようとしたとき。
いずれもケガなどなく、大したことはありませんでしたが、もしも、信号待ちのときに車道側に立ちゴケしたら非常に危険です。皆さんもお気をつけください。

まとめ

ロードバイクに乗り始めると、いずれビンディングペダルに交換したくなります。最初のうちは両足をペダルに固定するという違和感がかなりありますが、慣れてしまえばとても漕ぎやすいですし、なんといってもカッコいいですよね。ペダル交換を迷っている人がいましたら、ぜひチャレンジしてください。

 


ロードバイクランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



コメント