アタマにくる一言を言われたときは、” 内股すかし"で倍返し【カウンターパンチ編】

ハラスメント

仕事をしているといろいろとストレスがたまりますよね。上司からのパワハラやクレーマーからの言いがかりなども原因の一つです。こうした精神的ストレスが原因となって、会社に行くことができなくなってしまう人もたくさんいます。

私が若い頃は、「石の上にも三年」と言って、自分で選んで入った会社なんだから、多少の嫌がらせやイジメがあってもガマンして、最後まで勤め上げるのが"あるべき姿"みたいな風潮がありました。今みたいにハラスメントなんて言葉も無ければ、それを取り締まるような体制もありませんでしたから、つらい目に遭った人もたくさんいたと思います。

今回は、上司からのパワハラやクレーマーからの言いがかりなど、思わぬ言葉の攻撃を受けたときに、侮辱をやめさせ、相手にカウンターパンチを叩き込む必殺技について考えます。

スポンサーリンク

アタマにくる一言へのとっさの対応術

 

カチンとくる一言を浴びせられて傷ついたり、嫌な思いをしたことはありませんか。言われっぱなしで黙ってしまうのも悔しいですが、かと言って、売り言葉に買い言葉でけんか腰になっては、その後の人間関係に支障をきたします。いったいどうしたらいいのでしょうか? そんなときに自己防御し、挑発に心乱されずにすむ簡単で有効な方法を伝授します。

(出典:「アタマにくる一言へのとっさの対応術」バルバラ・ベルクハン[著] /瀬野文教[訳] / ソフトバンク文庫 / 2007年4月3日出版)

 

私も、今では管理職として、たくさんの部下を持っていますが、若い頃はいろいろな上司や先輩の下で働いてきました。上司や先輩にもいろいろなタイプがいますよね。

  • 仕事もできて、部下の面倒見も良く、公私にわたって信頼できるタイプ
  • 大きな声で怒鳴り散らせば仕事が回ると勘違いしているタイプ
  • やたらと細かいことにネチネチ口を出してくるタイプ
  • 仕事はダメだけど、部下の面倒見だけは良いお人よしタイプ

こうした上司や先輩も、部下を育成するという自覚があれば救いようもあるんですが、時々いるんですよね、部下のことなんかまるでお構いなしで、自分さえ良ければいいっていうタイプ。仕事のやり方もいい加減にしか教えず、聞きに行っても逆にイヤミを言われてしまうような人です。中には、やたらと大声で怒鳴り散らしたり、理不尽な言いがかりをつけてくる人もいます。

私が社長になったら、そういう理不尽な態度をとるダメ社員は即刻降格・左遷させて、優秀な部下をどんどん引き上げるんですけどね(笑)。

 

 

そんなことで、今から10年ほど前に本屋で買った書籍『アタマにくる一言へのとっさの対応術』を久しぶりに本棚から引っ張り出してみました。この書は、上司、先輩、クレーマーなどから"言葉の攻撃"を受けたときに、柔道の内股すかしのように、相手の攻撃を空回しさせ、カウンターパンチを相手に叩き込む必殺技を伝授してくれます。

いくつかのポイントがありますので、私なりに分かりやすく解釈して、皆さんにお伝えしたいと思います。今回は、先日までにご紹介した"相手の攻撃を空回しさせる自己防御""相手をかく乱して立場を逆転させる方法"に続く最終編として"侮辱をやめさせ、相手にカウンターパンチを叩き込む"についてです。

 

 

スポンサーリンク

①相手の侮辱をやめさせる

パワハラ上司やクレーマーは、大きな罵声と汚い言葉で弱い者を攻撃し、時には侮辱してきます。そして、こちらがそれに反応して腹を立てたり、不愉快になったり、言葉を失ったり、引き下がれば、それこそ相手の思うツボです。

本書では、相手から侮辱されたときに、侮辱という行為そのものが、越えてはいけない一線を越えてしまったということを相手に知らしめるとともに、決して相手の土俵では戦わず、あくまでもこちらが冷静な状態で、相手をひるませる方法を教えてくれます。

相手からの侮辱に対しては、こちらも態度を極端に変え、声の調子もテンポも変えます。ゆっくりと強く訴えるように、あなたのパワーと毅然とした態度で相手に分をわきまえさせるんです。

 

 

もうハッキリ言ってやりましょう! 「あなた、私を侮辱しましたね」この一言で十分です。相手がもぞもぞしていたら、さらに追い打ちをかけます。「謝ってもらいたいですね」

でもここで大切なことは、相手が謝るとか、謝らないとかではないんですね。こちらからプレッシャーをかけることに意義があるんです。

 

1.(攻撃側)「つべこべ言う前にまず頭のスイッチを入れたらどうなんだ」

(あなた)「その言い方は人を侮辱していますよ」

出典:同書P156「侮辱をやめさせるには」より抜粋

 

ここで重要なことは、みなぎるパワーと毅然とした態度です。よく"火事場の馬鹿力"って聞きますよね。人は、普段20~30%の力しか出せないのに、火事などの緊急事態に追い込まれると眠っている100%の力を出せるって話です。まさに、この火事場の馬鹿力を発揮して、相手の侮辱をやめさせるんです。

  • 分厚い防御バリアをあなたの周りに築きあげる
  • 心の奥底から決意を固めて相手を断罪する
  • 背筋を伸ばし、胸をはって、肩幅を広げる。
  • まばたきひとつせず、非情な目で相手をにらみつける。
  • 言葉少なに、落ち着いて同じ要求を繰り返す。

②上司の権威にひるまない

相手がパワハラ上司の場合、すでに上司と部下という関係がありますから、相手は権力や権威を振りかざして攻撃や侮辱をしてきます。でも、冷静に考えてください。上司も人間なんです。ヘマもやれば、失敗だってします。もしかしたら、その上司もさらに上の上司から仕事のミスなどを攻撃されているかもしれません。

部下として、最低限のところまでは我慢したとしても、理不尽な侮辱が始まった段階以降はフリータイムです。私たちだって最低限のことは労働契約の中で保障されています。徹底的に言い返しましょう。ただし、冷静かつ毅然とした態度で。

おそらく、この状況を周りで見ていた人たちは、どちらが正しいか分かっていると思いますよ。当然正しいのはあなたです。声を荒げて、頭から湯気を立てて怒鳴っている上司はさらし者です。

③カウンターパンチでとどめを刺す

ここまで来たら、最後に残るのは相手にカウンターパンチを浴びせるだけです。でもここで重要なのは、

  • 決して相手のペースには乗らないこと
  • こちらは冷静かつ毅然とした態度で
  • 相手の攻撃には直接答えずに、相手の態度そのものを批判する

この3つだけ意識すれば、あとは次の手順でこちらからカウンターパンチを浴びせるだけです。

 

手順1.相手の態度を話題にする

(あなた)「まあ冷静になって本題に戻りましょう。いったい私の提案の何がお気に召さないのですか?」又は「そういうことをおっしゃっては議論が前に進みませんよ。まあ落ち着いて本題に話しを戻しましょう」

手順2.それでもダメなら、そもそも話し合いをする気があるのか問い詰める

(あなた)「なんらかの結論に達することが大事なのではありませんか。それなのにあなたは再三再四、私を個人攻撃していますね。これではお話が進みません。どうか本題について冷静に話し合ってください」

出典:同書P174「歯に衣着せずに言い返す」より抜粋

 

ここまで言われたら、パワハラ上司やクレーマーも少なからず態度を変えざるを得ないのではないでしょうか。とにかく、"相手のペースに巻き込まれること無く、冷静かつ毅然とした態度で、相手の攻撃には乗らずに相手の態度を指摘する"これこそが最も有効な対策だと思います。

まとめ

パワハラ上司やクレーマーなどからの言葉の攻撃を受けたときに、相手のペースに引き込まれずに、冷静かつ毅然とした態度で対応する戦術について、今回は、侮辱をやめさせ、相手にカウンターパンチを叩き込む方法をご紹介しました。

こうした言葉の攻撃は社会人だけの問題ではありません。学校や地域のコミュニティの中でも横行しているんです。もしも誰かに攻撃されて悩んでいる人がいたら、本書を参考に立場を逆転させる技を身に着けてください。

 


職場のトラブルランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

コメント