身に覚えのない架空請求には絶対に返事をしない!消費者庁に通報を。

生活

まったく身の覚えがない”架空請求”を電子メールで受け取った経験ありませんか? 今、こうした架空請求が横行していて、全く支払う必要のないお金をだまし取られた人がたくさんいます。

こうした架空請求は、悪質な業者が何らかの名簿を入手して、手あたり次第に電子メールや請求ハガキなどを大量に送り付けてくるものです。

今回は、架空請求詐被害に遭わないための注意点についてです。

スポンサーリンク

架空請求の手口

電子メールや請求ハガキを使って、「自宅へ行く」「勤務先を調査する」「給与・不動産を差し押さえる」「強制執行する」といった不安をあおる脅し文句で、身に覚えがない料金を請求してくるのが架空請求の手口です。

悪質なものでは、実在する事業者名をかたり、コンテンツの利用料金などを請求してくるものもあるので、真面目な人ほど騙されやすいんです。

  • いかにも公的な文書を装ったもの
  • 訴訟や調停という単語をちらつかせて脅してくる
  • メールを放置するとすぐに裁判等の手続きを取るなどと威迫してくる

こうしたやり口で身に覚えのない請求をされた場合、ほとんどは架空請求と考えた方がいいですよ。絶対に騙されてはいけません。

スポンサーリンク

メールによる架空請求に返事をしてしまうと

もしも、こうした架空請求に返事をしてしまうとどうなるのでしょう。東京都生活文化局ホームページによれば、

Q1:迷惑メールのURLをクリックすると?
届いたメールにホームページアドレスが載っていたのでクリックしてしまったところ、料金請求のメールが続々届くようになりました。どうして私のメールアドレスがわかるの?

Q1に対するアドバイス
この手口の場合は、個々の携帯電話メールに対応したURLを記載したメールを送信しているため、サイトにアクセスした時点で携帯電話のメールアドレスが相手方に把握されてしまう点に特徴があります。トラブルに巻き込まれないためには、メールで受信した見覚えのないメールに記載されているURLへ不用意にアクセスしないことが重要です。

Q2 :「退会手続きはこちら」をクリックすると
携帯電話のメールに、身に覚えの無い「アダルトサイト」から、「貴方は、当サイトに仮登録されている。3日以内に退会手続をしないと、自動的に本登録になる。至急手続を取れ。」との文面が届きました。不審に思いながら退会のURLをクリックすると、別のサイトにリンクされ、「貴方の氏名、電話番号、住所の入力をしなければ、退会手続きはできない。」との表示が。また、「退会手続料として2万円が必要とあり、支払が無い場合は法的手段に訴える。」とあった。支払った方が良いのでしょうか

Q2に対するアドバイス
契約内容を承諾してクリックしたわけではなく、契約成立とは言えません。電子商取引上では事業者側が消費者の意思の確認画面を設定することが規定されています。相談者のケースはこのような画面が設定されていないことから支払う必要はなく、相手にしないことです。「取扱説明書」を読んで、携帯電話番号で届くメールは受信拒否の設定をする等、対応策もあります。わからない場合は電話会社に相談しましょう。また請求の電話がかかってくる場合はその電話番号を着信拒否しましょう。

Q3:連絡しないと訴訟になると言われた
裁判所からメールで手続きを行う旨の通知が送られてきました。どうせ架空請求だと思うので、無視しておこうと思うのですが。

Q3に対するアドバイス
現在、裁判所からの通知をメールで送ってくることはありません。メールでの通知の場合は、無視していても大丈夫です。
しかし、本当の裁判所から書類が届いた場合には、身に覚えがなくても、放置してはいけません。 何も対応しなかった場合には、不利益を受けるおそれがあります。 まず、本当の裁判所からの通知であるか確認する必要があります。 その場合、書類に記載された連絡先に連絡してはいけません。最寄の消費生活センターに問い合わせたり、最高裁判所のホームページで確認しましょう。

出典:東京都生活文化局ホームページ(架空請求対策

架空請求されたときの対処

電子メールや請求ハガキを受け取って、「もしかしたら本当に利用したかもしれない」と心配になって、相手方の電話番号に連絡してしまったり、メールに返信してしまうと厄介です。こちらの電話番号やメールアドレスが悪質業者に知られてしまうので、さらに執拗に請求されることが考えられます。

こういう場合は、メールやハガキを無視して削除・破棄するのが一番ですね。間違っても返事はしないことです。

メールが来た段階では、相手は送信先のメールアドレスが誰のものか個人を特定することはできていません。万が一、電話をかけてしまったり、URLに接続して情報を送信してしまった場合には、知らない電話番号からの電話には出ない、メールへの返信等を行わない等、徹底して連絡を取らないようにすることがポイントです。

架空請求について相談したい

こうした架空請求に対して返事をしてしまい、執拗な催促に悩んでいる人がいたら、消費者ホットライン(消費者庁)に電話すると良いですよ。

消費者ホットライン局番なし 188番

お住まいの地域の消費生活センターや消費生活相談窓口を紹介してくれます。

消費者ホットライン188は、全国共通の電話番号で、地方公共団体が設置している身近な消費生活相談窓口を御案内し、消費生活相談の最初の一歩をお手伝いするものです。

全国には、消費生活センターが 830 箇所(平成 30 年3月末現在)あり、そのほか、全ての市区町村に消費生活相談窓口が設置されています。

土日祝日についても、市区町村や都道府県の消費生活センター等が開所していない場合には、国民生活センターで相談の補完をするなど、年末年始(12 月 29 日~1月3日)を除いて、原則毎日御利用いただけます。 契約や悪質商法におけるトラブル、製品・食品やサービスによる事故等の御相談で、どこに相談してよいか分からない場合には、一人で悩まずに、消費者ホットライン188番を御利用ください。

出典:消費者庁

まとめ

全く身の覚えがない架空請求がメールやハガキで送られてくると焦りますよね。しかし、冷静になって考えれば、そのメールやハガキが架空請求であり、インチキであることは間違いありません。

絶対に返事はしないようにして、しつこいようなら消費者庁188番に通報してください。ブラックリスト(架空請求事業者一覧)に掲載されます。

 


生活・文化ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

生活
スポンサーリンク
ちびトラをフォローする
ゆらぎのリスクこんとろーる

コメント