「モザイクアプローチ」SNS投稿から個人情報が犯罪グループに漏洩

生活

SNSに投稿した情報も一つ一つでは断片的な情報でしかありません。しかし、いくつかの情報を集めて分析することで、氏名、住所、電話番号などの個人情報を簡単に特定することができます。

こうした手法は「モザイクアプローチ」と呼ばれているそうですが、このモザイクアプローチを使った窃盗やヤミ金業者による被害が相次いでいます。

今回はモザイクアプローチについてです。

スポンサーリンク

SNSを悪用した犯罪

NHKクローズアップ現代(1月21日放送)で、「あなたの"SNS投稿"が危ない ~窃盗・ヤミ金 知られざる手口~」と題して、モザイクアプローチによる犯罪が紹介されています。

番組では、愛知県の犯罪グループによる窃盗事件が紹介されていました。

20代の男性が1枚の写真をインスタグラムに投稿したんですが、その写真には、自宅周辺で高級車を前に、赤いブランド服を着て写っている本人が写っています。

しかし、その数日後、男性はこの写真を手がかりに犯罪グループに自宅に忍び込まれ、現金やブランド服など200万円を超える金品を盗まれたんです。

なぜ、このようになったかと言うと、犯罪グループがSNS上で高級ブランドの写真を投稿している人を検索していて、たまたまヒットしたのが今回の被害者らしいんですね。

被害者は、日頃からSNSに膨大な写真やつぶやきを投稿していて、犯罪グループはそれらの情報をかき集めて、モザイクアプローチという手法で自宅を探し当て、本人が不在の時間帯を狙って空き巣に入ったということです。

しかし、SNS上の情報でそんなに簡単に個人情報が漏れてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

モザイクアプローチとは

SNSに写真やつぶやきを投稿する人ってたくさんいますよね。ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどです。

ところが、これらの情報の中に個人を特定できる要素がたくさん隠れているんですね。

  • 飲食店や駅、ビルなどの外観
  • 公園や観光スポット
  • 投稿した写真の緯度経度
  • 飲食店の壁に珍しいメニューが貼ってある
  • お店の内観や作り
  • 電車の遅延に関するつぶやき
  • 天候に関するつぶやき
  • お店のレシート
  • 氏名や住所に関するもの
  • SNS上の友達リスト などなど

こうした情報も一つ一つでは断片的な情報なんですが、これらを複数集めて分析すると、友人関係や時間、場所などから氏名、住所などが特定されてしまうらしいんです。

このように、SNS上のさまざまな情報を組み合わせることで、個人情報を特定する方法を「モザイクアプローチ」と言います。

犯罪に巻き込まれないための対策

インターネット社会において、こんなに便利なSNSを使わないなんてことは考えられません。では、こうした悪質な犯罪に巻き込まれないために、私たちはどうすればよいのでしょう?

番組で提案されていた対策は次のとおりです。

大前提として、自分がSNSに投稿した情報は、あらゆる人に見られているんだという意識をまず持ちましょう。その上で、「公開の範囲」というのをきちんと確認してください。SNSアプリの「プライバシー設定」というところがありますので、これをどの範囲まで公開するか、ご自身で責任を持って選択してください。

「全体公開」は、渋谷の交差点にそのまま裸で立っているような状態。

GPSなど位置情報がついた写真というのは、投稿に気をつけてください。これもスマートフォンのカメラやアプリの設定によって、このGPS位置情報を外すことができるので、気をつけてください。

自分に関する情報だけでなく、友達に関する投稿も配慮しましょう。一緒に写っている写真、ツーショット、あるいはグループ写真を上げるときに、その人の情報も一緒に上げてしまうことになるので、ちゃんと了解があるのかどうか気をつけてあげてください。

警察も、こうしたSNS上の投稿を犯罪グループが閲覧することまでは取り締まれないようです。つまり、「私たち一人一人が気をつけないといけない」ってことですね。

まとめ

SNSで不特定の人たちと繋がるのは楽しいかもしれませんが、犯罪に巻き込まれるリスクが高いということを意識する必要がありますね。

とくに高級外車や高級ブランド品の写真を次から次へと投稿している人は、すでに犯罪グループから狙われているかもしれませんよ。

モザイクアプローチで個人情報を特定されないように、

  • 個人情報に直結する情報は投稿しない
  • 情報の時間や場所をずらす

などの工夫が必要です。

 


生活・文化ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

生活
スポンサーリンク
ちびトラをフォローする
ゆらぎのリスクこんとろーる

コメント