西日本豪雨の被害は、ダム放流が原因で起きたのか?

自然災害

先日の西日本豪雨では、岡山県、広島県、愛媛県を中心に西日本の各地で水害や土砂災害が発生し、多くの方がお亡くなりになるなど未曽有の災害となりました。今もなお避難所生活を余儀なくされている人がたくさんいます。
一部の報道では、ダムが放流したために災害が発生したということですが、本当のところはどうなんでしょうか? 今回は、ダムの役割について考えてみます。

スポンサーリンク

堤防とダムの役割

ダムは、川の水を一時的に貯める施設であることは誰でも知っていると思います。
では、どういうときに水を貯めるのでしょう。一つは、今回の西日本豪雨のように、大雨が降って河川の水位がどんどん上昇し、このまま雨が降り続くと、ダムの下流で洪水被害が発生するおそれがあると判断した場合です。

山や田畑、道路、家の周りなどに降った雨は、一部は地面にしみ込みますが、残りの大半は側溝などを伝って川に流れ込みます。川には途中でいくつもの支川が合流しますので、広い範囲でたくさんの雨が降ると川の下流に行けば行くほど流れる水の量は増えていきます。川の上流は川幅が狭いのに、下流にいくと川幅が広くなりますよね。

ところが、大雨が降ると川の水が溢れだして人家や田畑が浸水する被害が起きることがあります。これが洪水被害です。このような洪水被害を防ぐための対策の一つが「堤防」です。堤防は、大雨が降ってたくさんの水が川に流れ込んだときに、安全にその水を流すために作られています。しかし、「堤防があるから絶対に大丈夫。」、「堤防があれば洪水にならない。」ということではありません。堤防の高さや幅も過去に降った大雨などをもとに計画されていますので、計画を上回るようなとんでもない規模の大雨が降ると川の水が洪水となって堤防を乗り越えることがあります。

そこで洪水被害を防ぐための対策の二つ目が「ダム」なんです。堤防だけでは洪水を安全に流せないというときに、川の上流にダムをつくって一時的に洪水を貯め込むんです。今回の西日本豪雨でもそうですが、ダムが一時的に洪水を貯め込んで下流へ流れていく洪水の量を減らしているんですね。ですから、堤防とダムの組み合わせで洪水から私たちが住む町を守っているということになります。

しかし、堤防やダムをつくるのにはお金も時間もかかります。全国にはたくさんの河川がありますが、いずれの河川も未だに堤防やダムを整備中という状況らしいです。そこに西日本豪雨のような計画を上回るような大雨が降ればひとたまりもありません。まさに今回の甚大な被害がそれを物語っていると思います。

スポンサーリンク

ダムが無いとどうなるのか

堤防だけでは洪水を安全に流すことができないという場合に、上流にダムをつくって洪水を一時的に貯め込む方法がとられます。例えば、100年に1回発生するかもしれないような規模の洪水を対象に考えたとき、堤防とダムの両方が機能することで洪水から町を守ることができるんですね。堤防あるいはダムのどちらか一方だけでは洪水を防ぎきれません。

仮に下流の堤防がどこかで決壊したという場合、ダムが無ければ、もっと早い段階で堤防は決壊するんじゃないでしょうか。これはそこに住んでいる人たちが避難する時間がさらに短くなるってことですね。

しかし、ダムが貯め込むことができる洪水の量には限界があります。当たり前ですよね、ダムって川の上流に設置された大きなプールみたいなものですから、無限に洪水を貯め込むことなんて不可能です。ですから、ダムを造るときにキチンと計画を立てて、ダムの大きさや操作ルールを決めているんですね。

今回の西日本豪雨で非難されているダムも、こうした操作ルールに従って適正に操作していますので、少なくともダムに入ってくる洪水の量よりも多くの洪水を下流へ流してはいないと思います。それはダムの操作記録を見れば一目瞭然でしょう。

異常洪水時防災操作って何?

ダムに入ってくる洪水の量が、あらかじめダムをつくったときに決めておいた計画の洪水量の範囲であれば、効果的に洪水をダムに貯め込んで、下流の堤防決壊などを防ぐことができます。しかし、計画以上のとんでもない大雨が降ると、ダムに入ってくる洪水の量も計画規模を上回ることとなり、最終的にはダムに入ってくる洪水をそのまま下流へ流すことしかできません。これが「異常洪水時防災操作」と呼ばれるものです。イメージとしては、川の上流に設置された大きなプールが満杯となって、上流からの洪水がプールを乗り越えて下流へ流れる状況です。

ダムの操作としては、当初は計画どおりに洪水をダムに貯め込む操作を行いますが、ダムの操作中にさらに計画以上の大雨が降ってきて、このままではダムが満杯になって洪水を貯め込むことができなくなると判断された段階で、異常洪水時防災操作を行います。こうなると、ダムも入ってくる洪水をそのまま下流へ流すことしかできません。満杯のプール状態です。

今回の西日本豪雨では、全国で8つのダムが異常洪水時防災操作を行ったというマスコミ報道がありした。それだけ大変な状況だったということですね。

まとめ

昔から人間は河川の近くで生活を営み、進化を続けてきました。それは、水というものが人間が生きていく上で欠かせない極めて重要なものだからです。しかし、河川も時には洪水となって人間に襲い掛かります。ですから、古くから堤防をつくったり、ダムをつくって、洪水被害が発生しないように努力してきたわけです。
今回、西日本豪雨で多くの方が犠牲になりました。結果として、堤防もダムも今回の大雨には対応できなかったということです。
マスコミや被害に遭われた方々が言われる「ダムが放流したから災害が発生した」。そのとおりかもしれません。
でも、ダムが無かったらどうなっていたのか。それを考えてみることも必要だと思いました。

 

 


自然災害ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村

コメント