飲み会は懇親を深めるどころか説教部屋、上手に断るにはこの方法で

キャリア

会社の飲み会って、お酒が嫌いな人とか若手社員にとっては苦痛ですよね。

飲みたくもない酒を飲まされ、上司から説教を聞かされ、挙げ句の果てに周りがいくつかのグループに分かれて盛り上がっているときに、自分一人だけポツーんと独りぼっち。そして高い会費を払わされる。

こんなんじゃ、会社の飲み会なんて行きたくないですよね。同期のメンバーとの飲み会であれば楽しいかもしれませんが…。

今回は、会社の飲み会をいかに上手に断るかについてです。

スポンサーリンク

飲み会は懇親の場から、いつしか説教部屋に

飲み会に行くと、初対面の人と飲むことがありますよね。
私は、こういう初対面の人とお酒を飲んで、知り合いになるのが好きなんです。同じ会社であれば、どこの部署でどんな仕事をしているのか、出身地や趣味など。気が合って話が弾めば、こんなに楽しいことはありません。

ところが、いつも顔を合わせている同じ部署の上司や同僚だけで飲みに行くと、こんな新しい展開は期待できません。いつもの話題をリピート状態で繰り返し聞かされ、誰かの悪口とかアルバイトの女性社員の話題など、まるで無意味な会話が延々と続きます。

そして、話題が尽きた頃から若手社員に対する説教が始まるんです。いわゆる説教タイムですね。

この頃になると、上司の人たちもほぼ出来上がっているので、目つきは変わっていますし、ある意味怖いですね。

まあ、本人は部下指導ということで話をしているつもりなんでしょうが、話の中身がどう考えても説教なんです。横で見ていてみっともないですね。

スポンサーリンク

飲み会を欠席する理由も案外大変

このように飲み会で説教されて痛い目に遭うと、もう次は行きたくありません。わざわざ高い会費を支払って、上司に気を遣い、お酌をしながら説教ですよ。こんなのあり得ませんよね。

そんなことで、「如何にして飲み会を断るか」ということになるわけです。

  • 体調不良のため欠席します
  • 用事があるので欠席します
  • 身内に不幸ができたので欠席します

いろいろな理由が思いつくんですが、ここで気をつけなければならないのが、欠席すると決めたら最後までウソを貫き通すということです。

へたにその辺をプラプラ歩いているところでも見られようものなら、「あれ? なぜ〇〇君、ここにいるの?」ってなりますから、「絶対に飲み会の会場には近づかない」これが鉄則です。

風邪を引いたとか、体調不良を理由に飲み会を欠席した場合、翌日まで話が続くことになります。病院に行って一晩で完治したというシナリオができれば良いのですが、ゴホゴホ咳をしたり、演技も大変ですよね。

嫌いな上司がいる飲み会は欠席する

私の場合、嫌いな上司がいる飲み会はできるだけ欠席しています。そんな飲み会に行ったところで何も楽しくありませんから…。

ですが、こういう上司に限って「あれ? ○○君飲み会に来ないの?」なんてしつこいんですね。そんなもの「行きたい連中だけで行けばいいのに」と思ってしまいます。

ですから、手っ取り早いのは「最初は参加することにしておいて、飲み会当日の3〜4日前にドタキャン」する方法です。前日とか当日ではキャンセル料金が発生している場合がありますから、そこには引っかからないようにしなければいけません。

ただし、理由はきちんとしておく必要がありますよ。「急遽、どうしても外せない用事ができまして、大変申し訳ありませんが欠席でお願いします」と幹事さんに伝えます。

飲み会当日は、真っ直ぐ自宅に戻って家で晩酌ですね。性格的に飲み会を断れない、上司には逆らえない、なんて人もこの作戦でいけば大丈夫です。キチンとウソの理由を伝えて、行きたくない飲み会は全てキャンセルしましょう。

飲み会の翌朝、上司に会ったときに「昨夜は失礼しました」この一言でokです。

メリットがある飲み会には参加する

ただし、自分にとってメリットがある飲み会は参加するようにした方がいいですよ。初めて会うお客さんとか、他部署のメンバーとか、こういう人たちが参加する飲み会には行った方がいいと思います。

少なからず今まで知らなかった新しい情報を得られる可能性が大きいですし、新しい人脈が増えることは間違いなくあなたのプラスになります。参加予定メンバーを確認し、そういうメンバーがいるようなら、ぜひ参加してください。

こういう場で知り合った人たちが、後々になって自分の味方として必要な存在になることもありますから・・。

まとめ

会社の飲み会って、自分にとってメリットがないと行く気にもなりませんよね。同期のメンバーで行くのは楽しいんですけど、せっかく懇親を深めようとしているのに上司に説教でもされたらたまりません。

こういうときは、

  • 上司や同僚が納得する理由を考えて、キチンとお断りする
  • 最後までウソがばれないようにする
  • 上司からの信頼を失わないように立ち振る舞う

これが大切です。

私も飲み会がたくさんありますが、結構この作戦で欠席しています(笑)

 


職場のトラブルランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

コメント