【オンライン旅行取引】トリバゴや楽天トラベルの上手な使い方と注意点

生活

みなさんは、出張・旅行などでホテルや旅館を予約するときに、どのように検索・予約していますか?

以前は、店舗型の旅行代理店に出向いて店員さんと相談しながら予約する方法が主流でしたが、最近ではウエブから簡単に検索や予約ができるオンライン旅行取引がウエイトを占めつつあります。いわゆる"Online Travel Agent"、通称『OTA』ですね。

インターネット上だけで取引を行う旅行会社なので店舗はありません。24時間365日いつでも好きなときに膨大な数の商品を閲覧・検索・予約できるのが特徴です。国内大手のOTAといえば、楽天トラベルやじゃらんnetなどが有名ですね。

一方、トリバゴやトラベルコなどの料金比較サイトもあります。複数の旅行会社を横断的に集約し、ホテル毎に料金の比較ができるサービスを提供していますね。ただし、これらは旅行会社ではないので予約については注意が必要です。

このようにとても便利なOTAなんですが、サイト毎に取引形態や旅行業登録の有無が異なるために、私たち消費者にとって分かりにくい面があるんです。中には、「キャンセルしたのに返金されない」「期待したツアー内容と違っていた」などのトラブルも発生しています。

今回は、オンライン旅行取引(OTA)の便利な使い方と注意点についてです。

スポンサーリンク

オンライン旅行取引(OTA)とは

 

OTAとは、インターネット上だけで取引を行う旅行会社のことです。店舗で営業を行っている旅行会社のオンライン販売はOTAとは呼びません。国内外の宿泊や航空券などの手配旅行、宿泊と航空をセットにしたダイナミックパッケージ、施設とお客様が直接契約する宿泊仲介、旅行保険などを取り扱うことが多いです。店舗を構えることも営業社員を抱えることもなく、システム投資がほとんどであることから、旅行業以外からの参入が多く見られます。
出典:JTB総合研究所ホームページ

 

日本国内で旅行業を営む場合には、旅行業法に基づく登録を受けて、きちんと守るべき義務を遵守する必要があります。さらにオンライン旅行取引を行う場合には、「インターネット取引を利用する旅行業務に関する取扱について(通達)」に則って、旅行業の登録に関することがらや取引条件に関することを運営サイトで適切に表示しなければなりません。

しかしながら、海外のOTAは日本の旅行業登録をしていないケースがほとんどです。さらにオンライン旅行取引に関するサイトとしては、「メタサーチ」や「場貸しサイト」といったものがあるんですが、これらは旅行商品をホームページ上で紹介するだけで具体的な予約には関わらないために、旅行業の登録は不要なんです。

 

(1)国内OTAが運営するサイト:
日本国内に事業拠点を持つ旅行業者(※)が運営。
※旅行業法に基づき登録行政庁(観光庁または都道府県)に登録している事業者。

(2)海外OTAが運営するサイト:
海外に事業拠点を持ち、日本国内に事業拠点を持たない(またはほとんどない)
事業者が運営。海外のサーバを用いて運営されている。

(3)メタサーチ:
国内または海外OTAのサイトや場貸しサイトにある旅行商品の情報を一覧できるようにして、消費者に多数の旅行商品の内容や価格などを比較しやすく見せるサイト。
申込や支払などは、消費者と宿泊事業者や交通機関、旅行業者等が直接行う。

(4)場貸しサイト:
宿泊事業者や交通機関、旅行業者等などに、旅行商品の紹介・申込などに関する情報提供の場としてホームページを提供するサイト。申込や支払などは、消費者と宿泊事業者・交通機関、旅行業者等が直接行う。

出典:政府広報オンライン

 

スポンサーリンク

海外のオンライン旅行取引サイト

海外のオンライン旅行取引(OTA)サイトを見ると、次のようにたくさんのサイトが登録されています。エクスペディアやトリバゴは有名ですよね。

出典:国土交通省ホームページ

しかしながら、こうした海外のオンライン旅行取引サイトの多くは、日本での旅行取引の経験が少ない(あるいはほとんどない)事業者や旅行業以外から新たに参入した事業者などが運営しています。

このために、それぞれのサイトに掲載されている情報の内容や見せ方が私たち日本人にとって分かりにくいケースがあるんです。また、これらのサイトの中には、

  • 利用者からの問合せについて、受付時間が日本の時間帯と合わない
  • 受付スタッフが外国語で話してくる、または日本語の能力が低いために会話にならない
  • 問合せに対する体制が不十分

といったものもあります。

さまざまなトラブルの事例

海外のオンライン旅行取引サイトを利用するときに、契約の相手方が誰になるのか、あるいは相手方が旅行業の登録をしているのかすら分からない状況があります。そうした状況で旅行の申込や予約をしてしまったために、いろいろなトラブルも発生しています。

  • キャンセル条件が曖昧
  • キャンセルしたのに返金されない
  • カスタマーサポートに問い合わせても返答がない
  • 期待していたツアー内容と違っていた
  • 知らない間に二重予約になって倍の金額を請求された

国内のOTAであれば旅行業の登録もありますからキチンとした対応が期待できますが、海外OTAの場合はそうもいきません。そもそもホームページも英語などの記載になっていますし、言葉や文化の違いもありますから状況を説明するだけでもひと苦労です。

オンライン旅行取引を利用するときの注意点

こうした背景を踏まえ、観光庁は2015年に「オンライン旅行取引の表示等に関するガイドライン(OTAガイドライン)」を策定しています。

オンライン旅行取引サイトに記載する情報や表示方法について、「最低限これくらいはキチンと記載してくださいね」っていうものですね。

(1)事業者の基本情報
社名、住所、代表者等の氏名、旅行業登録の有無

(2)問い合わせ先や受付時間
問合せ先(電話番号、メールアドレスなど)、問合せに対応する言語や時間帯

(3)契約条件
契約当事者及び契約形態、旅行代金額及び支払方法、キャンセル条件、最終確認画面

(4)契約内容の確認
契約後、サイト上や電子メールなどで契約内容を消費者に伝えること

出典:政府広報オンライン

少なくとも、こうしたことがホームページにキチンと記載されていないOTAは危ないってことなんでしょうか。これはぜひホームページでチェックしたいですね。

また、オンライン旅行取引サイトを利用するときの注意点も公表されています。とくに言葉が通じない海外のOTAを利用される際には、こうした点に気をつけるのが良いと思いますよ。

出典:観光庁ホームページ

まとめ

出張や旅行にでかけるときに、ホテル・旅館を予約するのにはオンライン旅行取引(OTA)がとても便利です。しかし、OTAを利用するときには最低限の注意が必要ですよ。

サイト運営事業者の基本情報、問合せ受付体制、旅行の契約条件などをキチンと確認・理解されてから「申し込み」ボタンをクリックされることをおススメします。

私のおススメは、トリバゴなどの料金比較サイトで安いホテルをピックアップして、楽天トラベルなどから予約申し込みする方法です。これならホテルの検索・予約もスピーディーに出来ますね。

また、万一のトラブルに備えて、申し込みしたときの予約画面や確認メールを印刷するなどして保存しておくことも大切です。トリバゴのホームページにもキチンと記載されていますよ「ご注意! トリバゴは料金比較サイトです。ご予約に関する責任は負いません。」って…。

 


生活・文化ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

生活
スポンサーリンク
ちびトラをフォローする
ゆらぎのリスクこんとろーる

コメント