温泉のプロ「温泉ソムリエ」になって全国の温泉を楽しみませんか?

お風呂

「温泉ソムリエ」ってご存じですか?

温泉ソムリエって、”温泉の知識”と”正しい入浴法”についての民間資格なんです。

私も温泉が大好きなんですけど、以前から温泉ソムリエは気になっていましたね。世間の認知度は分かりませんけど、芸能人でもこの資格をとっている人が結構いるらしいですよ。

今回は、温泉ソムリエについてです。

スポンサーリンク

温泉ソムリエとは

一般的に、「ソムリエ」っていうとワインを専門で取り扱うソムリエをイメージしますよね。ところが、これの温泉バージョンがあるんです。「温泉ソムリエ」です。

温泉ソムリエとは、温泉ソムリエ協会が運営する民間資格で、「温泉の知識」と「正しい入浴法」を身につけた方に認定される資格です。

2019年2月28日現在、温泉ソムリエの認定者は15,668名とのことですよ。

でも、面白いですよね。日本人の多くは温泉が大好きだと思うんですけど、「温泉ソムリエ」っていう発想がすごいと思いますよ。

詳細は、温泉ソムリエ協会のホームページをご覧いただくのが分かりやすいと思います。

温泉ソムリエ協会では、温泉ソムリエの検定試験に合格した後に、さらにステップアップするためのセミナーを用意していて、それを受講することで上級資格の認定も行っています。

また、温泉ソムリエ協会が認定する外部資格を取得することで、温泉ソムリエマスターを申請することもできるみたいですよ。

スポンサーリンク

温泉ソムリエになるには

温泉ソムリエの資格取得には、温泉分析書の読み方や入浴法などを受講する温泉ソムリエ協会が認定するセミナーに参加する必要があります。

温泉ソムリエの認定セミナーでは、

  • 半日の講義を受けて取得できるコース
  • 1泊2日で講義と実技を受けて取得するコース

の2種類がありますが、温泉ソムリエの認定としては同じものとなっていますね。

認定セミナーは、主に東京表参道にある新潟県のアンテナショップ「新潟館ネスパス」で開催されているそうですが、札幌や名古屋、大阪、福岡などの地方都市や全国の温泉地でも随時開催されているようです。

★【温泉ソムリエ認定ツアー】(主に新潟県赤倉温泉にて)
●初日
13:00 温泉の基礎知識講座(60分)
14:10 温泉分析書の読み方1(50分)
15:10 温泉分析書の読み方2(50分)
16:10 入浴法の基礎知識講座(40分)、認定式
18:30 夕食

●二日目
8:00 朝食
9:00 赤倉温泉出発 燕温泉で入浴体験「河原の湯」「黄金の湯」
11:00 燕温泉出発  赤倉温泉で入浴体験「滝の湯」
12:00 解散 ※時間は遅れる場合があります

■参加料
30,000円税別(税込32,400円)
※温泉宿で開催の場合は、入湯税が必要です。
※宿泊施設、1室あたりのご利用人数で変わることがあります

1泊2食宿泊料、受講料、テキスト料、湯めぐり入浴料、認定料を含みます。
温泉施設の場合は、別途入湯税が加算されます。

★【温泉ソムリエ認定セミナー】(主に東京にて)
13:00 温泉の基礎知識講座(60分)
14:10 入浴法の基礎知識講座(50分)
15:10 温泉分析書の読み方1(50分)
16:10 温泉分析書の読み方2(40分)
16:50 認定式

■参加料
●温泉ソムリエ認定セミナー(ワンデーセミナー)
22,000円税別(23,760円)
※会場等によって変わることがあります

出典:温泉ソムリエ協会ホームページ(基本的なカリキュラム

温泉ソムリエになるメリット

温泉ソムリエになると、温泉に関する知識や正しい入浴方法を身につけることができるそうです。

温泉法や温泉分析表のことなども知識として習得できますから、今まで何も考えずに入っていた温泉について、より深い知識が得られますし、温泉のことがもっと好きになるのではないでしょうか。

例えば、次のような『温泉ソムリエの入浴5箇条』も当然のこととして理解できると思いますよ。

<温泉ソムリエの入浴5箇条>
■その1「入浴前後に1杯ずつの水を飲むべし!」(入浴前後に水分補給すべし)
入浴すると発汗により血液粘度が高まり、「ドロドロ血」の状態になります。入浴後だけでなく、入浴前にも水分補給するのがポイントです。

■その2「入浴前には、足先など心臓の遠くから順に十分な「かけ湯」をすべし!」
かけ湯は、体の汚れを落としてから入浴するためのマナーというだけではありません。温泉の泉質や温度に慣らすためのものです。足先など心臓の遠くから順に十分な「かけ湯」をしていきましょう。

■その3「頭には濡れたタオルをのせるべし!」
立ちくらみは、全身の血の巡りがよくなる分、頭の血流量が減る状態なので、熱いお湯をしみこませたタオルで頭の血管を開きましょう。のぼせは、頭に血がのぼった“オーバーヒート状態”なので、逆に冷たい水をしみこませたタオルをのせましょう。ただし、実際には「立ちくらみ防止」にはゆっくり浴槽から出ることが大切です。

■その4「一気に長湯せず、「分割浴」をすべし!」
短い入浴と浴槽から出て休憩することを繰り返すのが「分割浴」です。例えば、「3分入浴して休憩、また入浴」を3回繰り返すと9分間入浴することになります。一気に10分間入浴するよりも9分間の「分割浴」の方が湯冷めしにくいのです。

■その5「疲労回復には、膝下の「温冷交互浴」が有効なり!」
膝下にお湯をかけること3分、水をかけること1分、これを3~5回ほど繰り返すと、末梢血管が広がり、疲労物質が排泄されやすくなります。疲れを回復させる効果は抜群です。
なお、心臓に負担をかけないために「膝下」としておりますが、水のみ膝下にし、お湯3分は普通の入浴でもかまいません。

出典:温泉ソムリエ協会ホームページ(温泉ソムリエの入浴5箇条

温泉ソムリエ認定の主な有名人

こうした温泉ソムリエですが、多くの有名人も認定セミナーに参加して、温泉ソムリエに認定されているようです。主なところでは、

  • スギちゃん(お笑いタレント)
  • 東貴博(お笑いタレント)
  • 安めぐみ(タレント)
  • 釈由美子(女優)
  • 西村知美(タレント)
  • 大西結花(女優)
  • ダンディ坂野(お笑いタレント)

などがいます。

認定セミナーを受講するだけで資格がもらえますから人気があるのかもしれませんね。

まとめ

私も温泉が大好きです。

しかし、これまでは泉質とかにあまりこだわらずに温泉に入っていたので、脱衣所のところに貼ってある温泉分析表にもほとんど興味がありませんでした。

ぜひこれを機会に温泉ソムリエの資格を取得して、大好きな温泉についての知識をもっと習得したいですね。

 


生活・文化ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメント