「アルハラ」お酒は飲んでもお酒に飲まれてはダメですよ!

ハラスメント

飲み会でついつい飲み過ぎたなんてことありますよね。とくに二次会や三次会まで行ってしまうと、「途中から記憶が無い」なんてこともあり得ます。そうなると翌日の朝は心配ですよね。「みんなに迷惑かけてないかな」とか「ちゃんと帰ってきたかな」なんてことです。

お酒は、他人とコミュニケーションをとるツールとしては最高だとは思いますが、一つ間違うと人間の性格まで変えてしまいます。普段は大人しい性格の人が突然狂暴になったり、場合によっては暴力を振るうようなこともありますよね。こういう行為は、「アルコール・ハラスメント(アルハラ)」に該当しますから、絶対やってはいけません。

また、お酒の強い弱いは鍛えてできるものではなく、遺伝によって生まれつき持った「2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」によるものなんです。ですからアルコールの強要もやってはダメですね。

今回は、「お酒は飲んでもお酒に飲まれるな」ということについて考えます。

スポンサーリンク

お酒の強い人、弱い人の違いは遺伝によるもの

周りを見渡すと、お酒が強い人っていますよね。いくら飲んでも酔っぱらわないような人です。実際のところ、「本人がどういう状況なのか」、「本当に酔っぱらっていないのか」は分かりませんが、間違いなくそういう人は存在します。

一方、お酒が全然飲めないって人もいます。身体は大きいのにコップ1杯のビールでダウンしちゃうような人ですね。こういう人は分かりやすくていいですよ。飲めないことが分かっているので、こちらもススメませんし、相手もセーブしていますから最後まで酔うこともなくしっかりしています。

ところで、お酒が強いとか弱いっていうのは何で判断できると思いますか?

  • ビールジョッキを10杯飲んだ
  • 日本酒を1升飲んだ
  • 今までに酔ったことがありません(自己申告)

などいろいろな尺度があると思いますが、医学的にいうと「2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」に関係があるらしいですね。

 

2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)は、エタノールの代謝産物のアセトアルデヒドを分解する主要な酵素です。

日本、中国、韓国など東アジアの人には遺伝子の点突然変異により、酵素の働きが弱い人が多くみられます。

出典:厚生労働省ホームページ(e-ヘルスネット

 

つまり、お酒として吸収したアルコール(エタノール)は、まず肝臓の働きでアセトアルデヒドに分解され、さらに2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によって分解されてアセテート(酢酸)になります。そして血液によって全身を流れるうちに水と炭酸ガスに分解されて体外に排出されるんです。

このALDH2には点突発変異による3種類のタイプがあるために、お酒が飲める人や飲めない人ができるらしいですよ。これは遺伝するものなので生まれつきの体質ってことですね。

ちなみに、お酒を飲むと顔が赤くなる現象をフラッシング反応と言って、お酒に弱い人に特徴的な症状なんだそうです。


スポンサーリンク

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

二日酔いの一番の原因は、有害物質であるアセトアルデヒドです。大量のお酒を一気に体内に取り込んだために、2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)による分解作業が追いつかず、アセトアルデヒドが体内に残ることで二日酔いや悪酔いになります。

二日酔いや悪酔いの仕組みをおさらいしましょう。

  • アルコール(エタノール)は、肝臓で無害なアセテート(酢酸)に分解される
  • アルコールを分解する際には、有害なアセトアルデヒドが生成される
  • ALDH2酵素の活性が高い人は、アセトアルデヒドを分解できる
  • アセトアルデヒドを速やかに分解できないと二日酔いや悪酔いになる

やはり、ポイントは2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きですね。

二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれる有効成分を配合したサプリメントも市販されていますので、いろいろ試してみると良いと思いますよ。人それぞれにサプリの効き方も違いますしね…。

アルコール・ハラスメントとは

アルコール・ハラスメント(通称:アルハラ)とは、飲酒に関連した嫌がらせや迷惑行為、人権侵害のことです。特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)によれば、アルハラは次のように定義されています。

飲酒の強要

上下関係・部の伝統・集団によるはやしたて・罰ゲームなどといった形で心理的な圧力をかけ、飲まざるをえない状況に追い込むことです。

イッキ飲ませ

場を盛り上げるために、イッキ飲みや早飲み競争などをさせることです。「イッキ飲み」とは一息で飲み干すことで、早飲みも「イッキ」と同じです。

意図的な酔いつぶし

酔いつぶすことを意図して、飲み会を行うことで、傷害行為にもあたります。ひどいケースでは吐くための袋やバケツ、「つぶれ部屋」を用意していることもあります。

飲めない人への配慮を欠くこと

本人の体質や意向を無視して飲酒をすすめる、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない、飲めないことをからかったり侮辱する、などです。

酔ったうえでの迷惑行為

酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、その他のひんしゅく行為です。

出典:厚生労働省ホームページ(e-ヘルスネット

学生とかで急性アルコール中毒で運ばれるのも、まさにこういったアルハラによるものですね。飲めない人、飲みたくない人にお酒を強要することは絶対にやめた方がいいですよ。

また暴力も絶対にダメです。暴力行為を見かけたら周りの人がただちに止めなければいけませんね。ときどき被害者よりも加害者の立ち場が上のようなケースで、加害者をかばうような人がいますがそういう人の神経が全くわかりません。こういう人は信用できませんよ。

まとめ

過度な飲酒は身体に悪いばかりでなく、人の性格まで変えて、ときとしてアルハラにまで発展することがあります。

こういうことが起きないためにも、お酒の飲み方に気をつけることが大切ですね。「お酒は飲んでもお酒に飲まれてはダメ」この言葉を忘れずに楽しくお酒を飲みたいものです。

 

 


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント