『老爆・シルバーモンスター』はもう少し冷静になってもらえませんか

メンタル
スポンサーリンク

キレやすい老人『老爆・シルバーモンスター』が暴走しています。私の会社にもクレーマーから電話がかかってくるんですが、大半は高齢者です。なぜ年齢がわかるかと言うと「電話で言ってダメなら直接文句を言いに行ってやる!」ってことで、会社に来る人がいるんですよね。

自分の経験を持ち出して、あれこれケチをつけてくるんですが、どうやら本人は"正義感"でやっているらしく「自分は正しいことを言っている」「何も間違ったことは言っていない」って感じなんです。つまり、私たちに『説教』をしているんです。これはやっかいですよ。

こうした高齢者は町のあちこちにいます。病院の待合室、役所のロビー、電車の中…。目の色を変えて大声で怒鳴っている高齢者です。会話を聞いていると、どうやら何かに不満があるらしく、担当者にそのことを是正するように『説教』しているみたいなんです。

今回は、キレる『老爆・シルバーモンスター』の怒りの実態についてです。

スポンサーリンク

病院の待合室

病院というと、お年寄りの集会所みたいになっていますよね。とくに、内科・整形外科あたりは常連さんのたまり場です。

身体の不調はさておき、独り暮らしのお年寄りは話し相手がいません。ですから病院に通っては仲間どうしで世間話をするんですね。

病院の診察順番を少しでも早くするために、まだ診察前の早朝から診察券をもって、順番取りに行く高齢者はあちこちで見られます。お年寄りは平日昼間ならいくらでも時間があるはずなので、もっとゆっくり診察に出かければいいと思うんですが、みなさんこぞって診察1番を争っています。

ですから、看護婦さんが診察順を間違えたりしたら大変です。後から受付した患者さんが自分よりも先に呼ばれたときなどですね。たちの悪いお年寄りは、受付の看護婦さんのところに詰め寄って「なぜ後から来た奴が先に呼ばれるんだ!」という始末です。

時々こういうシーンを見かけますが、たいていはキチンとした理由があって、後から来た患者さんが先に呼ばれています。例えば、診察前に検査をする人や、前回検査で判明した重大な病気について医師から患者に早急に伝えたいことがあるとき、など様々です。

冷静に考えれば、いちいち腹を立てるようなことではないんですが、『老爆・シルバーモンスター』にとっては怒りの矛先になってしまうんですね。

スポンサーリンク

役所のロビー

役所も『老爆・シルバーモンスター』の格好の標的です。

公務員は市民のための仕事をして給与をもらっているので、「市民の言うことはなんでも聞いてくれる」って考えているんでしょうね。

日常生活の中で少しでもイラっとしたことがあると、「役所に相談すれば、なんとかしてくれるだろう」っていう勝手な判断のもと役所に押しかけてきます。

公共事業に対するクレームなんかは典型的ですね。「道路工事の騒音がうるさくて眠れない」として、工事の中止や慰謝料を請求してくるようなケースです。

役所の方も馬鹿ではありませんから、工事にあたってはキチンと周辺住民に事前説明もしています。また、騒音調査を行い、騒音が少ない工法を採用しています。なによりも生活に不可欠な道路を作っている又は補修しているわけですから、その辺りを理解できないような高齢者は困ります。

高齢者の中でも、『老爆・シルバーモンスター』はこういうチャンスを逃しません。役所にクレームをつけるのが生きがいなんです。こういう年寄りにはなりたくないですね。

今後ますます『老爆・シルバーモンスター』が増える

『老爆・シルバーモンスター』は、寂しさや孤独感、疎外感を抱えていることが少なくありません。

現役時代はバリバリ仕事をこなし、会社の中でもそこそこの立場で活躍し、家庭に帰れば一家の主として家族の生計を支える存在でした。

ところが、定年退職してからは自分の存在を認めてくれる場所がありません。自分の存在価値を認めてほしくても、話を聞いてくれる同僚や部下もいません。

そんな満たされない思いが、怒りやクレームという形で吹き出すんですね。

日本の高齢化率は世界でも類をみない速さで進行しています。高齢化率の推計値(総務省)によれば、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合は、2020年には30%、2060年には40%になるとされています。

高齢者の増加に比例して、『老爆・シルバーモンスター』も今後ますます増加するのではないでしょうか。

まとめ

私も若い頃は、「お年寄りの言うことは正しい」「お年寄りは大事にしなくちゃいけない」と思っていたんですが、これだけ『老爆・シルバーモンスター』が徘徊するようになって、クレーマーが増えてくると、「考え方を改めなきゃ」って思いますね。

一番やっかいなのが、本人は「自分は正しい」として若いものに『説教』してくることではないでしょうか。

少なくともお年寄りの方が生きている年数は多いわけですから、普通に考えれば「お年寄りの言っていることは正しい」ってなりそうなんですが、今やインターネット社会です。時代が変われば一概にそうもなりませんよね。

お年寄りには、可愛いおじいさん、おばあさんであって欲しいです。

 




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント