【注意】仕事で『ご飯論法』を使うと信用を失いますよ

キャリア

国会中継を見ると、安倍総理をはじめ、政府与党の閣僚の皆さんが野党からの追及を逃れるために『ご飯論法』を多用しています。「朝ご飯は食べましたか?」「いいえ、ご飯は食べていません(パンは食べたけど)」というように、相手の質問の趣旨をはぐらかして、ずれた答弁をする手法です。

この『ご飯論法』、法政大学の上西教授がツイッターに発信して広まった言葉ですが、まさに無責任としか言いようがない、呆れた答弁なんです。

今回は、この『ご飯論法』について考えます。

スポンサーリンク

ご飯論法とは

Q「朝ご飯は食べなかったんですか?」
A「ご飯は食べませんでした(パンは食べましたが、それは黙っておきます)」
Q「何も食べなかったんですね?」
A「何も、と聞かれましても、どこまでを食事の範囲に入れるかは、必ずしも明確ではありませんので・・」
Q「では、何か食べたんですか?」
A「お尋ねの趣旨が必ずしもわかりませんが、一般論で申し上げますと、朝食を摂る、というのは健康のために大切であります」
Q「いや、一般論を伺っているんじゃないんです。あなたが朝ご飯を食べたかどうかが問題なんですよ」
A「ですから・・」
Q「じゃあ、聞き方を変えましょう。ご飯、白米ですね、それは食べましたか?」
A「そのように一つ一つのお尋ねに答えていくことになりますと、私の食生活をすべて開示しなければならないことになりますので、それはさすがに・・」
出典:法政大・上西充子教授twitterを一部加工

 

このように、相手の質問に答えているように装って、実はなんら答えていないというやり方を『ご飯論法』っていうんです。ウソをついているわけではないんですが、質問にはまともに答えず、答えをはぐらかしたり、ごまかしたりする場合に用いる論法です。法政大学の上西充子教授のTwitterから広まった言葉ですね。

安倍総理が、今年5月の通常国会でこの手法を使ったんです。
例えば、「加計学園の加計理事長と食事をするようなことが問題だと思うか?」という野党議員の質問に対して、安倍総理は「食事をごちそうしてもらいたいから、国家戦略特区で特別にやるというようなことは考えられない」と答弁しているんです。
質問した野党議員が聞きたいのは、利害関係者となる可能性のある加計氏と食事することの是非なんですが、"食事をごちそうになるために便宜供与することはない"と論点をずらしているんです。

まさに無責任ですよね。自分に都合の悪いことになると、論点をすり替え、相手を煙に巻いて時間を稼ぎ、時間がなくなれば議論を打ち切る。これが『ご飯論法』なんです。しかも、これをやっているのが政府与党なんですから、呆れてしまいます。

スポンサーリンク

ご飯論法は信用を失います

この『ご飯論法』ですが、国会だけでなく、仕事の世界や日常生活でも時々見かけます。いわゆる『曖昧(あいまい)な回答』ですね。

皆さんも、無意識のうちに次のようなセリフを使っていませんか? とくに回答に困ったときなどに・・。

  • 検討します」: いつまでに、何を、どう検討するのか曖昧
  • 確認します」: いつまでに、何を、誰に、どう確認するのか曖昧
  • 周知徹底します」: いつまでに、誰に、どうやって周知するのか曖昧

私が交渉していて、相手からこのセリフが出たら、その瞬間に「この人はダメだな」って直感的に感じてしまいますね。これは、交渉だけでなく、部下とのやりとりでも同じです。

これら曖昧な回答でも、一時的にその場は凌げるかもしれませんが、なんら具体的回答になっていないので、すぐに曖昧なところを具体化・整理して、相手に説明する必要があります。

私生活では曖昧な回答をしておく方が都合がよいケースもありますが、仕事の世界で曖昧な説明はしない方がいいですね。相手からの信用を失いますし、「言った言わない」といったトラブルに発展する可能性もあります。

ご飯論法の使い手の特徴

私の会社にも、こうした『ご飯論法』をよく使う人がいます。特徴としては、"会話やメールでやりとりしたときに、こちらが質問したことに対して、ストレートに回答が返ってこない人"ですね。

はっきり言って、私はこういうタイプの人間は嫌いです。いかにも口が達者なようなフリをするんですが、肝心の話になるとまるで役に立ちません。酷いときは、人事部局にもその旨を伝えて、それ相応の部署に配置換えしてもらっていますよ。

ですから、国会で『ご飯論法』を頻繁に使っている議員さんたちは、相当なワルだと思います。我々国民もこうした事実をもっと知って、声を大きくした方がよいのではないでしょうか。

まとめ

こちらの質問に対して、論点をすりかえたり、回答をはぐらかして、まともに回答しようとしない極めて悪質な『ご飯論法』が国会や企業をはじめ、日常生活のいろんなところで横行しています。少なくとも未来のある子供たちには、このような『ご飯論法』を使ってもらいたくないですね。もし、すでに子供たちにまで広まっているのであれば、それは明らかに私たち大人の責任です。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント