わき汗が原因で、うつ病などの精神的疾患を発症!?

生活

私、最近、わき汗が多いんですよね。以前から夏場はよく汗をかくので、制汗スプレーを使ったりしてたんですが、秋になって涼しくなってもわき汗が出るんです。運動不足なのか、緊張することが多いのか、食べ物が良くないのか、自分でも原因がよく分かりません。一番困るのがワイシャツにわき汗が染み出ることなんです。でも、このわき汗が原因でうつ病などの精神的疾患になってしまう人もいるみたいなんです。今回は、わき汗について考えます。

スポンサーリンク

わき汗が多い人は、多汗症の疑いも

よく、"手に汗握る〇〇"って言いますよね。緊張したり、興奮したりすると、手の平からジワ~って汗が染み出てくることを喩えた言葉です。私もサッカーのワールドカップ予選などを見ていると、そういうことがあります。

ところが、最近、会社で仕事をしているときにも脇の下からわき汗がポタって滴り落ちることがあるんです。別に運動しているわけでもありません。普通にデスクワークしているときです。

じつは、このわき汗、医学用語で「多汗症」って言うんですね。そして、多汗症にも大きく2種類あって、全身に汗が出る全身多汗症と、手や足、わきなど部分的に汗が出る局所多汗症があります。

 

私の場合は、主にわき汗なので「局所多汗症」ということになりますね。とくに夏場は暑いこともあってすぐにわき汗が出てきます。そのため、毎朝脇の下に制汗スプレーを吹きかけて出勤するんです。ところが、今年に関しては、秋になって涼しくなってきてもわき汗が出るんです。そうすると、ワイシャツにわき汗のシミができるんですよね。特に濃い色のシャツですとシミが目立ちます。

 

 

原因は分かりません。昨年までは涼しくなるとわき汗は出なかったんですが、最近になってわき汗に悩まされています。でも、自宅にいるときは全然わき汗は出ないんですよね。

日本皮膚科学会によれば、局所多汗症の診断基準について次のようにまとめています。

局所多汗症の診断基準として、局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま6ヶ月以上認められ,以下の6症状のうち2項目以上あてはまる場合を多汗症と診断している。

  1. 最初に症状がでるのが25歳以下であること
  2. 対称性に発汗がみられること
  3. 睡眠中は発汗が止まっていること
  4. 1週間に1回以上多汗のエピソードがあること
  5. 家族歴がみられること
  6. それらによって日常生活に支障をきたすこと

出典:日本皮膚科学会(原発性局所多汗症診療ガイドライン2015年改訂版

スポンサーリンク

局所多汗症は、精神的ストレスが引き金

この局所多汗症の原因なんですが、日本皮膚科学会によれば、次のようになっています。

発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすいのではないかともいわれていますが、まだはっきりしたことはわかっておりません。海外では多汗症患者で60~65%に家族内に同じような症状の人がいた(家族内発症)との報告があります。

出典:日本皮膚科学会ホームページ(汗の病気

 

つまり、わき汗など局所多汗症の多くは、"緊張や不安などの精神的ストレスが引き金となって交感神経が過度に敏感になり、その結果として多量の汗をかく"、"家族に同様の症状をもつ人がいれば遺伝する確率が高い"ということのようです。例えば、人前に出て緊張したときや、仕事で問題を抱えて不安を感じたとき、こうしたときに多量の汗をかくってことですね。

たしかに、私の場合もわき汗が出るのは、通勤途中や会社で仕事をしているときが圧倒的に多いです。とくに、仕事上の問題が発生して上手くいかないときや、打ち合わせをしていてイライラしたときなどに、わき汗が出てきます。

緊張や不安以外にも多汗症の原因として、ホルモンバランスの乱れも考えられます。ホルモンバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れて、多汗症になります。とくに女性は月経や妊娠、更年期があるのでこの影響を受けやすいと考えられます。また、食生活の乱れや肥満、タバコやコーヒーも多汗症の原因になる場合があります。

わき汗が原因でうつ病を併発することもある

わき汗をかくと、洋服の脇の下のところにシミができますよね。酷い人は背中の方までシミが広がっています。これにわきがの臭いが交わると状況は最悪です。夏場の電車でよくこういう人を見かけますが、だいたい多いのが"肥満の男性"です。顔からもアブラ汗をいっぱいかいて、シャツは汗でビチョビチョ。こういう人が隣りにくると本人も大変でしょうけど、こっちも苦痛ですね。

このわき汗、男性だけではありません。ときどき女性でも脇の下にシミをつくっている人を見かけます。いくら綺麗に着飾っていても、わき汗のシミ一つでイメージダウンですね。こういう点、女性は大変だと思います。

でも、わき汗などの局所多汗症が原因で、うつ病などの精神疾患を患ってしまう人も多くいるみたいなんです。例えば、局所多汗症の一つである頭部・顔面多汗症になると、額や頭部から大量の汗が噴き出るみたいなんですが、これが原因で対人関係に支障をきたして、引きこもり状態になってしまう人もいるみたいなんです。

局所多汗症は多汗の症状により、患者は様々な精神的苦痛を受ける。その内容は仕事、勉強への悪影響、対人関係への支障をきたすなど であり、QOLを著しく低下させる疾患であるといえる。多汗症が原因でうつ病など精神的、かつ社会的な苦痛をうける患者は多数存在していると考えられている。

出典:難病情報センターホームページ(特発性局所多汗症

おススメのわき汗対策は

さて、わき汗を抑えて、洋服の脇の下にわき汗のシミを作らない方法には、どのようなものがあるんでしょうか?

私が汗止めや洋服の汗シミ対策としてやっているのが、制汗スプレーと下着に貼るタイプの吸水シートですが、当然ながら局所多汗症を治療する効果はゼロです。一時的に発汗を抑えたり、汗を吸い取る効果は期待できますが、私の経験上あまり効果はありませんね。わき汗は止まりません。

しかし、制汗スプレーの中には、わき汗のくさい臭いを抑えてくれる製品もあるので、わきがが気になる人はそういうものを使用されることをおススメします。

一方、本格的に治療したい人であれば、皮膚科に行かれることをおススメしますが、日本皮膚科学会によれば、塩化アルミニウムの20~30%アルコール溶液あるいは水溶液を1日1回患部に塗布する方法が最も効果があるみたいですよ。

Q.外用薬はどんなものがありますか?

A.10%のフォルムアルデヒドをホルマリンとして処方したもの、グルタールアルデヒドの10%溶液、メテナミンの8%クリームや塩化アルミニウムが使われてきましたが、塩化アルミニウム以外は長く使うとかぶれをおこすことがあります。現在は塩化アルミニウムの20~30%アルコール溶液あるいは水溶液が一般的に使われています。

Q.外用方法を教えてください。

A.腋窩(えきか)、手のひら、足のうらに20~30%塩化アルミニウム溶液を寝る前に外用します。通常は一日1回でいいですが、日中に外用してもかまいません。効果がでるまで2~3週間かかりますので継続して外用してください。汗が止まってきたら外用回数を1週間に2~3回に減らしてもかまいませんが、中止すると再発することがあります。皮膚のかさつきがひどくなったら、しばらく中止し、ステロイド外用剤などで改善されたら再開してください。手足の汗の量が多い人は塩化アルミニウム溶液外用後サランラップやプラスチック手袋などで覆い密封療法を行うとより効果的です。

出典:日本皮膚科学会ホームページ(汗の病気

 

まとめ

わき汗を止めて、さっぱりさらさらの脇の下にしたいですよね。そうすれば、わき汗のシミを気にすることなく、色の濃い洋服も着れるのではないでしょうか。最近では、通販でも効果のある商品がありますので、私もさっそく注文してみました。その効果は今後のお楽しみです。

 


生活・文化(全般)ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

生活
スポンサーリンク
ちびトラをフォローする
ゆらぎのリスクこんとろーる

コメント